Gourmet

甘いもの“だけ”の朝食はNG。仕事がはかどる簡単朝ごはん、5つのヒント

 在宅勤務が増えたことにより、ここ一年で毎日の行動様式が変わりました。そのような変化の中で、みなさんは朝ごはんに何を食べていますか? テレワークで食事後すぐに仕事をはじめるようなケースもあるでしょうから、今まで以上に朝ごはんによって“パフォーマンスを高める”ことは重要になっています。 在宅ワークの朝ごはん そこで今回は、在宅ワーク時に気をつけたい“朝ごはんの摂り方”を考えてみました。もちろんこれらは、出勤スタイルの人にも共通するポイントですから、朝ごはんの見直しポイントにもなるはずです。

①消化の良さを意識する

在宅ワークの朝ごはん

消化の良さを意識する

 時間栄養学(※)の考え方によれば、朝食は体内時計のリセットや日中のエネルギー源として最も重要だと考えられています。つまり、朝ごはんの欠食はNG。しかしそうは言っても、朝からボウルいっぱいの生野菜サラダ、パワーの出そうなカレーやステーキが正解ではありません。実際に食べて飲んで見ればわかることですが、これらは消化に負担がかかる食事とも言えます。午前中のヒトのカラダは“排泄”を促す時間と言われていますから、消化の良さを意識することは重要。例えば、日頃なじみのないおかゆ類やお餅を朝ごはんとして取り入れることは有効です。 ※時間栄養学とは…… 食事と体内時計を関連付けて、カラダの仕組みをふまえて何をどれだけ、いつ、どのように食べるのがいいのかを考える学問。 【参考記事】⇒彼にホメられる朝ごはん♪「中華粥」の簡単プロ級レシピ

②温かい食事で内臓を働きやすくする

在宅ワークの朝ごはん

温かい食事で血行を良くする

 温かい食事には、血行を良くすることで内臓を働きやすくしてくれる効果があります。これまで朝食に菓子パンや冷たいコンビニおにぎりを食べていた人は、温かい食事に切り替えてみましょう。食べた時の満足度も高まり、心身ともに朝からほっと安らぐ時間になることでしょう。オススメは、温かいスープ。前日などに作りおくことができるので、準備のしやすさも魅力です。 【参考記事】⇒作りおき「美魔女スープ」5つのコツ。ベーコン、イモは使わない!
次のページ 
甘いもの“だけ”で朝食を済ませない
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ