Fashion

「ゆるふわ服を着ると老ける人」はなぜ?“顔タイプ診断”で似合う服を知る

顔タイプ診断は「似合う服を見つけるための筋道」!

 今回、パーソナル顔タイプ診断を受けてみて感じたこと。それは診断結果以上に、スタイリストさんの口頭アドバイスが何よりタメになって超重要だったという点です。
熊谷さんに顔タイプ診断してもらう筆者

熊谷さんに顔タイプ診断をしてもらう筆者

 というのも数ある服の中から自分に似合う洋服を選び出すには、服の持つ特性(素材・シルエット・色合い)を熟知している必要があります。残念ながらこの服の知識に関しては、一朝一夕に得られるものではありません。  診断で○○タイプとわかっても、なかなか似合う服を見つけられないのにはこういう理由があったのですね……。ですが、それでも自分に似合う服の「基準」「方向性」を知っておくのは大事。自分に似合う服がどういうものかを言葉にできれば、知識が豊富なスタイリストさんや販売員さんの力を借りて、一緒に似合う服を選び抜くことができます。

「好き」と「似合う」、どちらも大事にした洋服選びを!

「私は○○タイプだからコレが似合う/似合わない」というのはヒントにはなりますが、そこに縛られすぎることはありません。「○○タイプと診断されたんだけど、こんなテイストのアイテムが着たい。じゃあどうしよう?」と考えたり、プロに相談したりするのも楽しいものです。
airCloset×ABLE

東京・表参道にある「airCloset×ABLE」の店舗。顔タイプ診断とパーソナルスタイリングを同時に受けられるサービスが話題(写真提供:airCloset×ABLE)

 熊谷さんいわく、“似合う”のために“好き”を犠牲にする必要はないそうです。自分の好みやなりたいイメージは、そのまま大切に持っていてOK。そこに向かって、自分に似合う服やアクセサリーを使って、ぐいぐいと寄せていくのだとか!  テイストを越えた似合わせのテクニックは、次回以降でお伝えしていきます! <取材・文&イラスト/角佑宇子>
角 佑宇子
(すみゆうこ)ファッションライター・スタイリスト。スタイリストアシスタントを経て2012年に独立。過去のオシャレ失敗経験を活かし、日常で使える、ちょっとタメになる情報を配信中。インスタグラムは@sumi.1105
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ