Lifestyle

北海道でドライブ中にヒグマが現れた!彼氏の見せた気遣いとは

 近年、本州各地や北海道で増えている熊の被害。特に北海道では市街地にヒグマが下りてくることも多く、札幌や旭川という大きな街でも出没が確認されているほど。郊外の山間部では運転中にヒグマを目撃したといった話も当たり前のように耳にします。
道路を横断するヒグマの親子

道路を横断するヒグマの親子(写真はイメージです。以下同じ)

 現在、第2子を妊娠中の生田夏希さん(仮名・29歳)は今から5年前、当時はまだ恋人だった夫と北海道の道東をドライブ旅行。その際、ヒグマに遭遇してしまったといいます。

夕暮れの山道を走行中、前方にヒグマが!

「世界遺産の知床をはじめ、釧路や網走などをめぐる3泊4日の旅行だったんです。北海道なのでヒグマが数多く生息しているっていうのは情報としては知っていましたが、まさか自分たちの目の前に現れるなんて思っていませんでした」  ちなみに目撃したのは、知床半島の羅臼(らうす)~ウトロの知床横断道路を走行していたときのこと。予約していた宿の夕食の時間が迫っていたので急いでホテルに向かっていたそうです。 「私は寝落ちまではいきませんけど、助手席でウトウトしていたんです。すると、彼が突然『熊だ!』叫び、その声でハッと目が覚めました」  彼氏はその場でいった車を停止。ヒグマまでは目測で100メートル以上離れていましたが、2人が乗っていたレンタカーの車線を塞(ふさ)ぐ形でいたとか。
知床五湖の高架木道。この周辺にもヒグマがよく出没する

知床五湖の高架木道。この周辺にもヒグマがよく出没する

 すでに夕方で辺りは薄暗かったですが、山道ということもあって自動車のライトを点けていたため、はっきりとその姿が認識できたそうです。 「軽自動車より一回り小さいくらいの大きさで、私たちの車に背を向ける形でのっそのっそと歩いていました。でも、クルッと振り向いてその場で止まったかと思ったら、今度はこちらのほうにやってきたんです」
次のページ 
ライトとクラクションで威嚇してみたら
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ