Entertainment

<マンガ>「仲間はずれにされた…」思い込みで被害感情を持つ子にはワケがある

「知的障害」「発達障害」という言葉が知られるようになってきましたが、一方で知的障害や発達障害と診断されないものの、学習に困難を抱える「グレーゾーン」の状態にいる子どもたちがいます。
宮口幸治『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』

宮口幸治『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』

 これまで、グレーゾーンにいるがゆえに生きづらさを抱える多数の子どもたちとかかわってきたのが、児童精神科医の宮口幸治さんです。宮口さんの著書『境界知能とグレーゾーンの子どもたち』の中で紹介するのが、認知機能の弱さから学習に困難を抱える子どもたちの存在です。  今回は著書から、「すぐ被害感情をもってしまう子」のケースを紹介しましょう。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 困っている子を見逃すな マンガでわかる境界知能とグレーゾーンの子どもたち困っている子を見逃すな マンガでわかる境界知能とグレーゾーンの子どもたち
次のページ 
つづきを読む
1
2
3
4
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ