Entertainment

三代目 J SOUL BROTHERS、コロナ下の奮闘。人々を元気にした「ラタタダンス」とは

 2021年11月10日、「三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE」(以下、三代目JSB)がデビューから11周年を迎え、ベストアルバム&ニューアルバム『BEST BROTHERS / THIS IS JSB』がリリースされた。  LDHのレジェンドHIROからメンバー選びを託されたEXILE NAOTOと小林直己を筆頭に、パフォーマーのELLY、山下健二郎、岩田剛典に、ツインヴォーカルの今市隆二と登坂広臣で結成された三代目JSB。  LDHのモットーである「Love」「Dream」「Happiness」を体現するダンス&ヴォーカルグループ、三代目JSBのデビュー記念を祝して、「LDH」と「イケメン」をこよなく愛する筆者・加賀谷健が、これまでの輝かしいその足跡を前・中・後編で振り返る。  後編は、2019年元日からのビッグ・アナウンスに始まり、「Rat-tat-tatダンス」で駆け抜けたコロナ禍を経て、1年越しのアニヴァーサリーイヤーが描く「夢の未来図」を紐解く。 【前編を読む】⇒「三代目 J SOUL BROTHERS」が今日で11周年!鮮烈デビュー、ランニングマン…奇跡の物語を振り返る 【中編を読む】⇒「三代目 J SOUL BROTHERS」の11年間を支えた、今市隆二&登坂広臣の“共鳴関係

「RAISE THE FLAG」のコンセプチュアルな世界観

 三代目JSBは、毎年のように新年早々から、必ずビッグ・サプライズで何かしらのリリースをおこなう。2019年の元日はこれまで以上にワクワクするようなビッグ・アナウンスで新年を祝福した。  2012年以来、7回目の出場となった2018年の「第69回紅白歌合戦」ではトップバッターを務め、年が明けたタイミングで、2019年3月13日リリースの23rdシングル『Yes we are』収録の「RAISE THE FLAG」予告映像が公開された。赤・白・青のテーマカラーをコンセプトに、新たなロゴが表記された旗(フラッグ)を打ち立て、新たな決意を込めた。  さらに4度目のドームツアーとなった『三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2019 “RAISE THE FLAG”』を開催し、125万人もの観客を動員した。1年を通じてリリースされたシングルは、「青」をテーマにした『Yes we are』に始まり、24thシングル『SCARLET』(8月7日リリース)では「赤」を、25thシングル『冬空/White Wings』(12月11日リリース)では「白」をそれぞれ表現。大ブレイクとなった2014年の「春夏秋冬」シリーズからバージョンアップされたコンセプチュアルな世界観を描き出した。

「R.Y.U.S.E.I.」以来のダンスチューンの誕生

『RAISE THE FLAG』(rhythm zone)

『RAISE THE FLAG』(rhythm zone)

『Yes we are』、『SCARLET』、『冬空 / White Wings』の3作のシングルは、2020年3月18日リリースの8thアルバム『RAISE THE FLAG』にまとめられている。同アルバムには、『三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2019 “RAISE THE FLAG”』ツアー中に配信リリース(2019年9月19日)されたデジタルシングル『Rat-tat-tat』を同時収録していた。  この「Rat-tat-tat」、タイトル自体、非常にベターな響きを伴いながら、小林直己考案の「Rat-tat-tatダンス」がTikTokで瞬く間に2億再生回数を突破し、一大ブームとなった。 「R.Y.U.S.E.I.」をしのぐファナティックなダンスチューンに日本中が沸き立ち、「さぁ行こう 最高のもう一歩先へと」とラップ調で歌われるように、狂騒の最中で加速度的に未曾有のコロナの時代に突入していく。
次のページ 
コロナ禍と“ゲリラタタ企画”
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ