Gourmet

「レンジで3分 出雲そば」が意外とおいしい!年越しそばにピッタリ

 2021年も、残すところあとわずか。そろそろ、“年越しそばをどうするか”を考える頃合いでしょうか。そういえば、これまで、年越しそばってどうしていたっけ? 思い出すのは、航空会社に勤務していた頃。遅番終わりで帰宅すると、時刻は23時過ぎ。ひとりで、ど〇兵衛の天ぷらそばをかき込んだ夜が何度あったことか。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます 「レンジで3分 出雲そば」が本格的で簡単おいしい!年越しそばにピッタリ あれ、でも、確か去年の大みそかもどん〇衛だったような……。逆に、どん〇衛じゃない大みそかの記憶が、ほぼほぼありません。  だから、今年こそは! ……せめて、生そばを食べたい。それも、できるだけ手軽に。そこで見つけたのが、「レンジで3分 出雲そば」。何と、レンチンで生そばの調理ができるとなっ!

年越しそば、レンチンもアリじゃない?

 年越しそばは、縁起物。寿命を延ばす、家運を伸ばす、それと、1年の苦労・災厄を断ち切って新年を迎えるという意味や願いを込めて、厳かに食したいもの。  なのだけれど、筆者のように、「ひとりだしなあ」とか、「一から作るのはなあ」とか。本格的に年越しそばを作るのは、ちょっぴりハードルが高かったり。でもでも、カップそばではどこか虚(むな)しかったり。
「レンジで3分 出雲そば」(1人前99g/税込162円)

「レンジで3分 出雲そば」(1人前99g/税込162円)

 それなら、本田商店の「レンジで3分 出雲そば」(1人前99g/税込162円)はどうでしょう?  出雲そばは、島根県出雲地方を代表する食文化。殻のついたそばの実をそのまま挽き込んで製粉するため、一般的なそばと比べると、やや黒っぽい見ためをしているのと、栄養価・香りが高いのが特徴です。 「レンジで3分 出雲そば」 そして、「レンジで3分 出雲そば」は、その挽き立てのそば粉を使用し、自家製粉後4日以内に製麺した生そばを、レンジで3分加熱するという調理法で食することができる一品なのだそう。  熱湯を注いで3分のカップそばならぬ、レンジで3分。しかも、鍋いらず。本格的な生そばを、こんなふうに簡単に調理できるだなんて気になります!

「レンジで3分 出雲そば」を作ってみた

 それでは早速、「レンジで3分 出雲そば」を調理してみたいと思います。  まずは、袋をオープン。 【画像をすべて見る】⇒画像をタップすると次の画像が見られます
袋をオープン

麺とつゆが入ってます。

 キレイに揃った平麺は、一人前の80g。それと、つゆ19gがセットになっています。その麺を、大きめのどんぶり(耐熱性容器を使うこと)に入れて。 大きめのどんぶりに入れる  お湯を8分目まで注ぎます。だいたい300mlくらいの量だそう。ちょうど麺が浸るくらい。麺がお湯から多少出ていてもOK。
お湯を300ml程度入れます。

お湯を約300ml注ぎます。

 あとは、レンジで加熱するだけ。  500Wの場合:お湯で4分、水で8分  600Wの場合:お湯で3分、水で6分  ラップをかけると吹きこぼれの原因になるそうなので、そのままチン。
ラップはつけません。

ラップはつけません。

 どんぶりがアツアツになるので、気をつけて!  加熱終了後は、麺が勝手に、いい具合にほぐれてくれています。茹で上がりもジャストな硬さ。  ※麺が茹で上がっていないようなら、10秒ずつ再加熱をして調整。  そこに、付属のつゆを入れて、かき混ぜたら完成!
つゆを入れて混ぜたら完成!

つゆを入れて混ぜたら完成!

次のページ 
とろみがあるそば湯で食べるのがいい
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ