Entertainment

イケメン二世モデル、今度は料理に挑戦。その腕前に「冗談なの?」と厳しい声も

 かつて「サッカー界の貴公子」と呼ばれたデビッド・ベッカムの長男で、写真家やモデルとして活動しているブルックリン・ベッカム(22)。コロナ禍をきっかけに料理に目覚め、先ごろテレビでその腕前を披露したが、視聴者からは「ジョークのつもり?!」と酷評された。そんなブルックリンが、ついに料理番組を始めることになったようだ。

料理番組『クッキング・ウィズ・ブルックリン』がスタート

Bangshowbiz20211217

料理番組を始めたブルックリン・ベッカム

 ここ最近、料理動画を自身のインスタグラムにアップすることが多かったブルックリン。どうやら料理番組を画策しているようだともささやかれていたが、その噂通り、ブルックリンが出演する料理番組『クッキング・ウィズ・ブルックリン』がこのたび始まることになった。  週1回、計8回で構成されているというこちらの番組。その第1回目が、Facebookとインスタグラムで配信開始された。世界的に有名な日本食シェフの松久信幸氏といった一流シェフから教えを乞いながら、弟たちや婚約者の二コラ・ペルツ、友人らのために料理の腕を発揮するという。

手順の説明がかなりざっくり、分量の説明はなし

 マイアミで撮影された第1回目。冒頭、「僕の名前はブルックリン・ベッカム。料理をするのが大好き。僕はまだシェフではない。食を探求する旅は始まったばかりだ」と自己紹介したブルックリンは、さっそく自身の弟ロメオ・ベッカムとニコラの弟ザックのためにパスタと貝のワイン蒸しを調理した。
 実際に見てみると、料理番組にしては、手順の説明がかなりざっくり。さらに、材料は紹介しているものの、分量の説明がないのがなんとも不思議。ただ、地元にある家族経営の海鮮店に新鮮な魚介を仕入れに行くなど、材料へのこだわりはハンパないようだ。  動画を投稿したインスタでは、婚約者の二コラが「あなたをとても誇りに思うわ」とコメントし、父デビッドも「すごく、すごくいいね」と絶賛。しかし、ブルックリンの手料理を食べた弟ロメオは「まあ、いいんじゃない」とそっけない反応を見せた。
次のページ 
TV番組の料理コーナーに登場し、物議醸す
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ