Beauty

35歳すぎたら「女性の薄毛」は他人事じゃない。“ぺたんこ髪”で老け見えするわけ

 毛髪診断士の元井里奈です。  華麗なる女子SPA!読者のみなさんに質問です。電車の中、バスの中のシルバーシートでお見掛けする「おばあさま」、どんな髪型の方が多い印象ですか? そしてそれは、何故でしょう?
シニア女性

写真はイメージです(以下同じ)

 色々なお答えがあると思いますが、おばあさんの髪型といえば、クルクルパーマで、帽子を被っているというお答えが多いのではないでしょうか。  では、その髪型にしている理由は?

町に、パーマや帽子のおばあさまが多い理由

 私は髪の毛オタクになるまで、おばあさんがクルクルパーマをかけていて、帽子を被っている理由を深く考えたことはなく、単に「おばあさま世代は、パーマや帽子がお好きなのかな?」と思っていました。  でも今ならこう推測するわけです。きっと多くの方は髪の毛のボリュームが減り、分け目や後頭部の頭皮が透けるようになってくるので、パーマで髪のボリューム感を出し、お出かけの際は帽子で隠すのではないかと。  あくまで推測ですが、毛髪診断士として受ける数々のご相談内容からしても、これは多くの方に当てはまると思います。

薄毛の悩みは「男性だけのもの」ではない

薄毛治療 髪の毛オタクでなければ、そして「そういう悩み」が実際に発生するまでは、きっとほとんどの女性は、薄毛の悩みは「男性特有のもの」であり、自分は関係ない、と思っているのではないでしょうか。  でもそれ、違うんです。実は女性にも髪の変化は訪れ、髪が細くなったり、うねったり、ボリュームダウンが起きます。男性の、いわゆる「ツルっぱげ」のようになってしまうことは少ないのですが、女性の場合は全体的に髪が薄くなる、専門的には「びまん性脱毛症」という状態になります
次のページ 
頭頂部がぺたんこだと、目の位置の関係で老けて見える
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ