Lifestyle

必要以上に気を遣ってくる義母。嫌われてると思いきや意外なワケが…

義母は自分が姑からイビられトラウマ?

 夫はずっと上手く付き合っていると思っていたようで大変驚いたそうですが、数秒間考え込んだ後、「もしかしたら……」と義母の若いころの話を始めます。  義母は自身の姑からもともと結婚を反対されていたらしく、結婚後もずっと一方的にいびられ続けていました。明日奈さんの夫が中学生のころに病気で他界したそうですが、生前はまだ幼かった彼の前でも平気で嫌味を口にするほど。子供ながらに「あれは見ているこっちもキツかった」と語っていたそうです。  これが原因で義母は自分の息子の妻(=明日奈さん)と距離を置いて付き合っているかもしれないと夫から言われ、彼女も納得します。 「もしお義母さんの立場だったらきっと耐えられないと思いました。ですが、私のことを気遣ってくれたのだとしてもせっかくご近所同士なのに孫にもたまにしか会えないのはかわいそうじゃないですか。  とはいえ、私から話して変に誤解されたら大変ですし、夫から伝えてもらった方がいい気がして彼に任せることにしました」  次の週末、訪ねてきた義母は「余計な気を遣わせちゃってごめんね」と謝られ、その様子にあわてた明日奈さんも「私のほうこそすみませんでした」となぜか謝罪。2人して頭を下げ合いますが、ふと目が合って急に笑い出します。

会う頻度は増えたけど、今も適度な距離感

気を使いすぎる義母「どっちも悪くないのに謝り合っているのがおかしく感じちゃって。お義母さんも同じだったらしく、言い過ぎかもしれませんが初めてわかり合えた気がしました」  義母は自分が必要以上に干渉すれば絶対に嫌われると強迫観念に似た考えを持っていたらしく、あえて距離を置いていたそうです。  そこで彼女が「私たちも息子を連れて遊びに行きますからお義母さんももっとウチに来てください!」と懇願。その結果、互いに行き来する頻度は増えましたが、それでも顔を合わすのは月1回程度だといいます。 「私としてもまだ少ない気がするし、それこそ同居してもいいと思ったのですが、『今の距離感、関係がちょうどいいのよ』って。最初は一人暮らしでさびしく過ごしていたら悪いと思いましたが、いろいろと趣味もあって楽しそうに暮らしているのがわかったし、これでいいのだと受け入れています」  実の親子みたいに仲良しってわけではないそうですが、これといったトラブルもなく嫁姑関係は「ほどほどに良好です」と明日奈さん。このくらいの関係が互いに気疲れもストレスもないのかもしれませんね。 【他の回を読む】⇒「出産&子育ての悲喜こもごも」の一覧はこちらへ 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ <文/トシタカマサ イラスト/ただりえこ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ