Love

真冬の深夜、彼氏とケンカになって家から追い出され…最悪の一夜

夜道 誰かに迎えに来てもらうことも考えましたが、近くに住んでいる親しい友人はいなかったので気が引けたそう。  それでも不幸中の幸いだったのは、この日の服装が厚手のコートにセーター、裏起毛のボトムスだったこと。さらに靴はUGGのブーツ、首にはマフラーも巻いていました。 「寒さはあまり感じなくて、むしろちょっと暑かったくらい。ただ、手袋は忘れちゃったので、ずっと手はかじかんだままでこれは辛かったかな。  途中コンビニで暖を取って休んだりしましたけど、2時間ほどでなんとか家に帰ることができました」

「反省するのはお前だろ?」あきれた発言

 その夜のせいか、風邪をひいて、数日間は体調を崩していたそうです。 「これはそこまで気にしませんでしたけど、一番腹が立ったのは、彼氏がその後何事もなく関係を続けようとしたこと。  せめて謝罪の一言でも口にするならともかく、私がそのことを追及すると『反省するのはお前だろ?』ですからね。その言い草にあきれて、その場でサヨナラと言ってやりました(笑)」 目撃!空港で喧嘩するカップルたち

この一件で彼氏は大学内で孤立

 周りには別れた経緯をしっかり話したそうで、彼氏は“真冬の夜中に彼女を家から追い出したひどい男”として、学部内の女性からは避けられるようになってしまいます。 「小さな大学だったし、居心地はさぞ悪かったと思いますよ。まあ、自業自得だし、いい気味ですけどね(笑)」  今回のケースのようにケンカなどでパートナーから家を追い出された女性の話はよく聞きます。相手はついカッとなったのでしょうが、危険な深夜に追い出すなんてサイテーですよね。   どんな事情があっても、こんなことをする彼氏とは別れて正解かもしれません。 ―冬の男女トホホ話― 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ <文/トシタカマサ イラスト/zzz> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ