Lifestyle

「なぜ私だけ!?」牡蠣パーティをしたら自分だけ当たった女性、それも2回も…

8年後、再び牡蠣を食べた翌日に腹痛が

 こんな経験をしたらトラウマになって牡蠣が嫌いになってもおかしくないですが、特にそうした抵抗もなく、それからも以前のように時々食べていたとか。ところが、あれから8年の時を経て、再び牡蠣にあたってしまうハメに。  このときは前回のときから交際していた彼氏と結婚して夫婦になっており、近くに住む義両親の家で牡蠣づくしの夕食。まだ幼かったお子さんは別メニューでしたが、義実家に住んでいた義妹が面倒を見てくれていたため、久々にゆっくりと食事を楽しんだそうです。

結果的には育児から解放されリフレッシュ休暇に

「けど、次の日の夜になってお腹が痛み出したんです。この感じはもしや……と思ったので、すでに仕事を終えて帰宅していた夫に話し、トイレを使わないように伝え、子供を連れてすぐに義実家に行ってもらうように頼みました。まだ抵抗力のない息子に感染させたらマズいと思ったからです」 腹痛 女性 彼女は救急外来の病院へ行き、検査をした結果はまたもやノロウイルス。ですが、このときも強い腹痛に襲われましたが、前回ほど激しくはなかったとのこと。体調も2日間静養して回復しましたが、このときも大事を取って1週間隔離生活を送ったといいます。 「このときも私以外は全員無事だったからそれを聞いて安心しましたけど、同時に『どうしてまた私だけなの!?』とは思いましたけどね(笑)。それでも久々に育児から解放され、夜泣きのたびに起こされることもなかったのでぐっすり眠ることができました。息子に会えなかったのはさみしかったけど、おかげでいいリフレッシュ休暇になりました」  その後も牡蠣は相変わらず好きなようで、「この冬も何度も食べてます」と澄香さん。用心しても完全に防げるものではないですが、二度あることは三度あるなんてことにはならないでほしいものです。 【他の回を読む】⇒シリーズ「冬のトホホエピソード」の一覧はこちらへ 【他のエピソードを読む】⇒「実録!私の人生、泣き笑い」の一覧へ <文/トシタカマサ イラスト/zzz> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】
トシタカマサ
一般男女のスカッと話やトンデモエピソードが大好物で、日夜収集に励んでいる。4年前から東京と地方の二拠点生活を満喫中。
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ