♂&♀

出会えるSNS投稿は「脇の甘さ」が勝負

特に美人でもおシャレでもないのに、男ウケのいい女性が周りにいないだろうか。何となくユルそうでふわっとした、脇の甘い女性は、男性からすると「誘いやすい」。はっきり言うと、落ちやすく見えるらしい。失礼な!と怒るか、ユルさを演出して男心をくすぐるかは、あなた次第――。

SNS 一昔前は出会いのSNSといえばmixiの独壇場だった。だが最近は、匿名性が低くオープンなイメージの強いFacebookのほうが、リアルな出会いに発展しやすいようだ。

 20~30代の独身女性100人に「SNSでの交流をきっかけに男性と一夜を共にしたことがあるか?」と質問すると、あると答えたのは18人。どんな成り行きで、SNSが「一夜」に発展するのだろう?

 Facebookでの会話がきっかけで、仕事で出会った某メーカーの広報の男性と焼き肉の後にHという肉食ナイトを過ごした26歳の山田奈保子さん(仮名・ライター)はこう語る。

「仕事で会ったのは一度だけ。顔もよく覚えていなかったんですけど、申請が来たのでとりあえず承認。その後、ご飯や空の写真を投稿するたびにいいね!を押してくれたので、好印象を抱きました」

 それだけで!? と驚くが、彼のほかに彼女の投稿に反応してくれる人はほとんどいなかったのだという。

「写真が下手だから反応がないのかな。ご飯の写真もイマイチおいしそうに撮れなくて。寂しかったので、絡んでくれるのが嬉しかった。その後、焼き肉屋の写真を投稿したのがきっかけで、『オススメの焼き肉屋さんを教えてください』とメッセージが届きました」

 その流れで一緒に焼き肉を食べに行き、あれよあれよとホテルへ連れ込まれたのだという。いいように食われた山田さんだが、「いいね!→コメント→メッセージと段階を踏んで仲良くなれるFacebookはすごい!」と感心するユルさである。マズそうなご飯の写真を平気でアップする詰めの甘さ、反応を気にする寂しがりな部分が自然と男を引き寄せたようだ。

 キメキメの写真・文章でセルフブランディングするより、ちょっとトボケた自然体のほうが男性もメッセージを送りやすいもの。実際ホテルまで行くかどうかは、会った後で考えればよいのだ。

<SNSでの交流がきっかけで男性と一夜を共にした経験は?>

・ある 18人
・ない 82人

※全国在住の20~30代の独身女性100人にインターネットでアンケート

<PHOTO/Jhanganu>
― 男がつい誘いたくなる「ユルふわ女子」の特徴【4】 ―




あなたにおすすめ