Lifestyle

「あのお坊さん、前にどこかで…」葬儀で偶然再開した僧侶の“正体”にビックリ!

 ある日、偶然出会った人と、実は過去に出会っていたということはありませんか。嬉しい再会ならいいですが、中には気まずくなってしまう人もいるようです。
お坊さん

※イメージです(以下、同じ)

 内田さゆり(29歳・仮名)さんは、葬式にいたお坊さんを見て「あっ!」と思わず声を出してしまいました。

親戚の葬儀に参列。思い出に浸っていると…

 ある日、内田さんは親戚の不幸を知ることになります。 「仲のいい叔母が亡くなったとの連絡でした。葬儀まで3日しかなく、叔母の死を実感できないまま参列することになりました」  多くの遺族は、葬式の準備などで忙しくなるため、死を受け入れるのに時間がかかることは珍しくないそうです。 「あっという間に葬儀当日になりました。お葬式に参列し、久しい友達や親戚と顔を合わせ、徐々に叔母との思い出などが蘇ってきましたね」

あれっ!? 葬儀で見覚えのある顔が…

葬式 内田さんは、葬儀で多くの人と久しぶりの再会を果たします。その中で、一人気になる人が。 「お葬式で、お坊さんが木魚を叩いて読経していました。そのときは何も思わなかったのですが、その後、お坊さんの顔を見て気づいたんです。どこかで出会ったことがあるな〜と」  つい二度見してしまった内田さんは、見覚えのあるお坊さんとどこで出会ったか思い出すべく、記憶を辿ります。 「それで、思い出したんです。そのお坊さんは、過去に働いていたキャバクラのお客さんでした。地元なので偶然知り合いと出会うことがあるのですが、まさか出会った相手がお坊さんだったなんて……!」
次のページ 
徐々に蘇る、“あのお客さん”の記憶
1
2
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ