Lifestyle

義実家で“夫の浮気の証拠”を大量発見、そのとき妻がとった行動は

 夫の実家へ帰省すると、普段は見ることのない一面や、義両親から聞く幼少期のエピソードなどに接することがあります。どれも興味深く、頼もしいものです。しかし、時には不必要な情報も耳に入ることがあります。今回は、帰省した夫の実家でまさかのハプニングが起きてしまったエピソードをお聞きしました。

初孫を見せに義実家へ

初孫を見せに義実家へ

写真はイメージです(以下同じ)

 エピソードを語ってくれたのは、亜紀さん(仮名・27歳)。亜紀さんの夫の実家は、豪雪地帯で有名な山形県米沢市。一方亜紀さんの実家は横浜で、亜紀さん夫婦は東京に住んでいます。今回初孫が産まれたタイミングで、久しぶりに帰省することになりました。 「とはいっても、義実家へまともに行くのは今回が初めてでした。結納のときに両親と日帰りで訪れたくらいで…田舎の大きな家というくらいしか、記憶に残っていませんでしたね」  義両親は孫の顔を見られるとあって、大歓迎で迎え入れてくれました。

団らんの中、義母から気になる一言が…

 久々の帰省とあって、その日の昼食はまるで京懐石のような仕出弁当が用意されていました。豪華な弁当を囲み団らんしていると、いつしか夫の昔話に話題が向きました。 団らんの中、義母から気になる一言が… 幼稚園の運動会のかけっこで一位になれなくて大泣きした話や、小学校2年生の時に真剣な口調で幼馴染の女の子と結婚したいと言い出したことなど、亜紀さんには初耳なことが飛び交いました。そんな中、義母が突然「あの小包、おめの部屋さ置いでおいだがらね」と思い出したように夫に言いました。  どうやら夫が最近、自分宛の小包を実家に送ったようでした。 「わざわざ実家に何を送ったのか気になって、夫に聞いてみました。でも『いらなくなった本』の一点張りで、どうも怪しいなと…。」
次のページ 
なにこれ…段ボール箱を開けて絶句
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ