Entertainment

登坂広臣“ØMI”の全国アリーナツアーが終幕!記者がオミ君愛たっぷりに現地レポ

「After the rain」の「you」

omi_03 近づくクライマックス。このライブツアーのステージを意識して作ったという「Just the way you are」を爽やかに、ポップに歌い切った登坂が、「この曲の解釈、意味が、色々変化」と語り、満を持して歌うのが、「After the rain」(収録では、三代目JSBツインヴォーカルの今市隆二がコーラスで参加)だった。  セットリスト中唯一のバラード曲である「Afeter the rain」を聴いたとき、何か、登坂の音楽的な根源に触れたような気がした。登坂の音楽世界に改めて共振できたような感覚。非常に不思議な心地よさだった。ソフトでいながら、パワフルなサビの歌唱が、鮮やかにリスナーの心を整え、解き放つように飛翔させる。 「探して見つけた その答えはyou」と歌われると、モニターには、黄昏の空が流れ、画面下手に、サビを歌い上げる登坂の表情が重なる。「空を見て 気づいたんだ 世界は愛で溢れている」と結ばれるとき、一瞬、額の汗が滲んだのが、美しかった。後は言うまでもない。「僕の答えは、みなさんです。ファンのみなさんです」と、すこしだけ照れくさそうに微笑む登坂に対して、「臣君…」と、客席の誰もが、そう心の中で静かに呟くだけだった。

ひとりの人間としての誠実さ

omi_04「After the rain」の熱唱のあと、会場中が一瞬だけれど、静寂に包まれた。アンコールとなった「Chapter3 UNDER THE MOOMLIGHT」では、底抜けに明るく、ポジティブな臣君の姿が、鮮明な輪郭で輝いていた。曲間には、ファイナル公演ということもあり、言葉を探し、噛み締めながら、ファンへの感謝を何度も口にした。  何気ない一言一言なのに、切実な感謝の気持ちが、愛をより滲ませる。ほんとうに愛情深い人なんだと思う。優れたアーティストである以前に、ひとりの人間としての誠実さに、筆者は思わず心を打たれた。  モノクロームの映像によってはじまったライブの最後には、エンドロールまでついていた。まるで映画のような本編に付随する「Chapter4」の映像では、「あなたは何者?」、「あなたはどこからきたの?」、「あなたはどこへ行くの?」と、何かを悟った登坂の精悍な表情に、根源的な3つの問いが重ねられる。この問いに対する答えを改めて問う必要はないだろう。この先、次なるコンセプチュアルな世界観から繰り出される新曲リリースを楽しみに待つファンが、かけがえのないの「you」であることに変わりはないのだから。 <セットリスト> M01. ANSWER… SHADOW M02. Can You See The Light M03. Nobody Knows M04. NAKED LOVE M05. OVERDOSE M06. BLUE SAPPHIRE M07. Give up M08. Colorblind M09. SHINE M10. You (Prod. SUGA of BTS) M11. Starlight M12. HEY M13. DIAMOND SUNSET M14. Just the way you are M15. After the rain Encore M16. UNDER THE MOONLIGHT M17. CHAIN BREAKER M18. HEART of GOLD 【関連記事】⇒登坂広臣、11年前のオーディション合格時を振り返る「不安と恐怖が押し寄せた」 【関連記事】⇒登坂広臣、ØMI名義のソロ活動で見つけた“新たな旅”とは。新曲から読み解く <取材・文/加賀谷健>
加賀谷健
音楽プロダクションで企画プロデュースの傍ら、大学時代から夢中の「イケメンと映画」をテーマにコラムを執筆している。ジャンルを問わない雑食性を活かして「BANGER!!!」他寄稿中。日本大学芸術学部映画学科監督コース卒業。Twitter:@1895cu
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ