Lifestyle
Love

合コンキャンプで散々な目に、夜中に男性がモゾモゾ近づいてきて…

 コロナ禍で密を避けられ、大自然に癒される、キャンプやグランピングなどのアウトドアが大流行。秋は気候もよく、アウトドアにうってつけの季節です。
合コンキャンプで散々な目に、夜中に男性がモゾモゾ近づいてきて…

写真はイメージです。(以下同じ)

 とはいえ、バーベキューなどアウトドアグルメは、片付けが面倒など難点もあって少し面倒。誰かが全部やってくれればいいのに…と思うこともありますよね。  今回お話を聞いた斉藤ゆりさん(30代・会社員)は、「料理や片付けなど面倒なことは一切やらなくてよい、らくちんアウトドア」に惹かれて、大変な目に遭遇したそうです。

同僚から合コンキャンプのお誘い

「アウトドアに興味はあったけれど、テントの設営やアウトドアクッキングなど、ちょっと面倒くさいかな?と思うことが多いし、一緒に行く人もいなかったので、キャンプは未経験でした。そんなときに会社の同僚からお誘いがありました」  そのお誘いとは、“合コンキャンプ”。  斉藤さんの同僚が、アウトドア好きの男性と知り合いになり、グループでキャンプに行こうという話になったそう。男性だけではつまらないので一緒に行ってくれる女性を探していたようで、テント設営やアウトドアグルメなどは、全部男性陣がやってくれるという話でした。

お酒を飲んで盛り上がるキャンプ

「アウトドアに詳しい男性が一緒で、何もしなくてよいなら行ってみようかなと思いました。合コン自体にはあまり興味がなかったのですが、アウトドアをお手軽に楽しむにはちょうどいいと思いました」  出発当日、自宅近くまで車で迎えに来てくれた男性陣。男女3人ずつの6人グループで出発。楽しい雰囲気の中ドライブし、キャンプ場に到着。約束通り、手際よく男性陣がテントを設営し、バーベキューの準備や、アウトドアグルメの支度をしてくれたそう。 お酒を飲んで盛り上がるキャンプ「アウトドア好きの男性たちが手際よくお料理をしてくれて、わたしたちは椅子に座っておしゃべりしながらお酒を飲んで、美味しいごはんを食べているだけでよかったので、とても楽しかったです(笑)。バーベキューはもちろん、イタリアンまで出てきて、どれも美味しくて。すっかり酔っぱらって上機嫌でした」  けれど、楽しい思い出ばかりとはいかなかったようです。
次のページ 
夜になって身の危険を感じる
1
2
3
Cxense Recommend widget


あなたにおすすめ