人生も障がいも楽しんだもん勝ち!【シングルマザー、家を買う/22章・後編】

⇒【前編】はコチラ

 一拍おいて、「逆手?」と聞いた私に、レイくんのママはこう話してくれた。

「私もレイが自閉症だったとわかった時は絶望したよ。もう、この世の終わりかと思った。死ぬことまで考えたよ。だって、私が育てられなくなったら自閉症のレイはどうするの?

でも、もっと大変な障がいの人たちとたくさん知り合って、すごく楽しそうに生きている姿を見ていると、これはもう楽しむしかないと思うんだよね。っていうか、楽しんだもん勝ちだと思うんだよ。

『愛の手帳』も、もらえるもんはもらった方がいい。助成金だって助かるし、交通費はかなり楽になる。水道代だって基本料はタダになるし、たくさんサービスがあるんだよ! おかげで我が家はこの手帳でサービスが受けられる遊園地に行ってばっかりだよ(笑)!」

人生も障がいも楽しんだもん勝ち!



 あぁ、この人はすごく強い。そうだった。障がいがあろうがなかろうが、息子は息子だ。はっきり言って、誰よりもかわいい。そんな最愛の息子が言葉を持たなくたって、意思疎通はできている。「好きだよー」というと、ぎゅっと抱きしめてくれる。それ以上何を求めていたのだろうか。

 よし、逆手だ、逆手! 持ち前の切り替えの早さで、息子の障がいを受け入れた私は、“なんとかなる”と思うようにして、前だけを見ることにしたのだ。

 だって、なんとかしかならないし!

 将来のことばかり考えて真っ暗になるよりも、毎日を楽しんでその積み重ねが未来になる方が、絶対に幸せに決まっている。

 当の息子本人はというと、誰よりも小さいのは変わらないが、2歳と1カ月で歩けるようになり、人見知りせず、誰にでもニコニコと愛想を振りまき、少し歩けば「かわいいねぇ」と言われ、アメやお菓子をもらってくる。

 電車に乗れば、隣の人に笑顔を振りまき、思春期であろう中学生の男子にさえべったりとくっつき、幸せを振りまいている。お姉さんたちにはきゃぁきゃぁ言われ、知らぬ間にお姉さんたちのテーブルで抱っこされているということもしばしば。持ち前の愛くるしいビジュアルを武器に、誰からも愛される存在になっているのだ。

シングルマザー、家を買う/22章・後編 あれ……? 気付けばコイツ、だれよりも世渡り上手じゃないか! 息子をダシに、娘まで知らない人からアメをもらう始末である。

 今は、いつか言葉がしゃべれるようになった時のひと言目が、楽しみで仕方ない。

 私が死ぬまでにひと言聞けたら、嬉しいな! それが憎まれ口でないことを祈るばかりである。

<TEXT/吉田可奈 ILLUSTRATION/ワタナベチヒロ>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【吉田可奈 プロフィール】
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky

※このエッセイは毎週水曜日に配信予定です。

吉田可奈
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky
シングルマザー、家を買う

年収200万円、バツイチ、子供に発達障がい……でも、マイホームは買える!

シングルマザーが「かわいそう」って、誰が決めた? 逆境にいるすべての人に読んでもらいたい、笑って泣けて、元気になる自伝的エッセイ。




あなたにおすすめ