♂&♀

六本木のバーで出会った外国人男との、ありえないワンナイト・プレイ

 こんにちは、あやか&ゆみです。  ジメジメした梅雨の時期はなんとなく気分が晴れず、パっとしないですよね。そんな気分のときは、キンキンに冷えたビールからのエッチで気分転換したいところ! というわけで今回は、合コンのプロ・あやかが体験した、六本木で出会った外国人とのありえない夜についてです。  あやかは基本、バーに遊びに行くときはワンピースで出かけます。自分の女性としてのモチベーションを上げるのと、男性に対して全方位モテを狙えるからです。その日もキメワンピで出かけました。場所はいつでも気軽に飲める六本木ヒルズのバー「リゴレット」!  ここからは、対談でお楽しみください。
ありえないプレイ

※写真はイメージです

=============== ゆみ:ねぇねぇあやかちゃんこの前、リゴレット行ってたよね、どうだった? あやか:リナと行ったやつね、まぁまぁだったよ。あそこって大衆的なバーだけどたまにイケてる案件あるよね。 ゆみ:うん。てことは、良い案件見つけたってこと!? あやか:うふふ(笑) ゆみ:えぇ、どんな案件だったの? 聞かせて~。 あやか:いつも通りバーエリアで飲んでたら、テーブル席にいた西洋系外国人に声かけられて、席にご一緒させてもらうことにしたの。 ゆみ:うんうん、よくあるよね。人数は? あやか:私たち2人と先方は3人だよ。それでね、私、来週誕生日だって言ったら、店員さんに何かオーダーしてくれて、すごい大きいプレートにデザートがたくさん盛り付けられて花火付きで出てきたよ。 ゆみ:うわ、すごいね! 彼らは日本語話せたの? あやか:話せる人とそうでない人がいたよ。英語日本語交えながらお酒も楽しくいただいてしばらくして、さぁ帰ろうかってなったときに、友達リナにはタクシー代渡してて、私には「ドライブしよう」って言ってきたの。 ゆみ:なにそれ、ヤバくない? あやかちゃん、よく知らない人の車に乗っちゃダメだよ。 あやか:私もコワイなぁと思ったんだけど、酔ってたし、さっきのデザートプレートで気分良かったし。その場の流れでまぁいっかと思って、向こうの2人と私1人でドライブすることになったの。 ゆみ:へぇー。車はどんな感じだった? あやか:私、車に詳しくないんだけど、とにかく高そうな外車だった!(笑)なんとかティて言ってた気がする。 ゆみ:それマセラティじゃない?(笑) あやか:あ、それかも! ゆみちゃんすごい! それから車をピックして乗った途端、クラブミュージックを大音量で運転し始めて、「ジェットコースターか!」ってくらいの臨場感で運転してくれてとっても楽しかったよ。 ゆみ:すご~い、チャラいけど楽しそうだね。 あやか:それでね、お家まで送ってくれるのかと思ったら、六本木から少し離れた高級そうなホテルでみんなで車を降りたよ。 ゆみ:どこか知らないけどホテルってことは、3人で、、そうゆうことだよね。 あやか:うん、彼がスムーズにチェックインして、3人で部屋に入ってすぐにおっぱじまった(笑) ゆみ:「おっぱじまった」って表現、久しぶりに聞いたわ(笑)。一応聞くけど、実際どうだったの? 良かった? あやか:まぁまぁかなぁ。3PってAVでしか観たことなかったから戸惑ったんだけど、「これが3Pか~」って感じ。相手がもっと上手かったら良かったんだけど、全然濡れなくて痛いし。1人のを舐めながらもう1人にアソコをいじられる感じ。私は女2人の3Pの方が良いかも。 ゆみ:うっそ~! やっだ~!(笑) あやか:でもね、次の日にホテルのスパでゆっくりしてトリートメントまで受けて、代金払おうとしたら「お部屋につけるようにいわれております」て言われてタダだったんだよね。どうやら彼はそのホテルの常連さんだったみたい。 ゆみ:すごー。たまにいるよね、ホテルをコーポレート契約してる人。私も何人か見たことあるけど、ポケットにお札が束で入ってるようなイケイケの経営者が多いかな。 あやか:六本木にはいろんな人がいるね~。勉強になった。 ゆみ:あやかちゃん、遊ぶのはいいけど良い人ばかりじゃないんだからほどほどにね! <TEXT/あやか&ゆみ>
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ