Lifestyle

「その手でつり革を触らないで!」末期的にキモい夏のオジサンたち

その手でつり革を触らないで!



末期的にキモい夏のオジサンたちワキ汗を自分の手で触って臭いを確認する人を見ます。『おい、お前その手で電車のつり革とか触れるなよ』って思います。そういう行為は鼻をほじるくらいキモい。後で必ず手は洗って」(26歳・貿易)

 ワキといえば、どういうワケか、公共の場でノースリーブ女子のワキをのぞいてくるオジサンが多いそう。

「つり革をつかんでいるとき、座っているオッサンや隣のオッサンの視線を感じます。普段見られない秘めた部分なのか、胸元を見られるよりもイヤ。だって、こちらもワキが甘いことがあり……あぁキモい」(24歳・総務)

“末期症状”のオジサンたち



 うっかり見てしまった、という程度ならまだしも、すでに恥じらいのない“末期症状”の人も……。

「天気がいい日に公園などで、上半身裸で焼いてるオジサンをよく見るんですけど、だらしないカラダで、目に毒なのでやめてほしい。まだ日サロに行くほうがマシですね」(26歳・証券)

「歩きながらビールや缶チューハイを飲んだり、アイスを食べたり……。夏だから外飲みをしたい気持ちはわかるけど、ちょっと終わってると思う」(23歳・イベント)

「喫茶店とか図書館で昼寝しているオッサン。いびきなんてかかれたら殺意が芽生える」(28歳・出版)

 公共の空間で昼寝するオジサンは一年中見かける風景ではありますが、ただでさえキモいオジサンに囲まれる夏はイライラ度が増すようです。ということでオジサマ方、夏は一年の中でも特に周りの女性に気を遣って過ごされた方が身のためですよ。

―「キモい/キモくない」夏の男の境界線【3】―




あなたにおすすめ