錦織圭のサーブ&リターンをどう応援するか?

⇒【前編】はコチラ

サーブはもっともメンタルに左右される



 テニスは、バレーボールで言えば、いきなりアタックから試合を始めるようなもの。やはりサーバーが圧倒的に有利なのです。だから自分のサービスゲームは絶対に取る、“キープ”しなければいけません。

 一方で、リターナー(サーブを返すほう)がそのゲームを取ることを「ブレイクする」と言います。サーバーは、自分のサービスゲームをキープするために、なるべくファーストサーブを入れて、相手にプレッシャーをかけたいのです。

錦織選手のサーブ

錦織のサーブ(2014年USオープン)

 そうやってサービスゲームをキープしていきます。サービスキープは試合を左右する重要事項です。

 例えば、第2ゲームで錦織が相手のサーブをブレイクしたとしましょう。ゲームカウントは、第1ゲーム錦織キープ、次は相手サーブをブレイク、錦織キープ、相手キープ、錦織キープだったとしましょう。錦織は1回相手サーブをブレイクしただけですが、ゲームカウントは4-1です。1セットは6ゲーム先取した方が勝ちですから、錦織はあと2ゲームでセットを取れます。相手選手は1度自分のサーブをブレイクされただけで、大ピンチですね。

 サーブはテニスのショットの中でもっともメンタルに左右されます。

 相手のショットを返球するのではなく自分で放り上げたボールを打つのに不思議なものです。「セカンドサーブになると攻められるからファーストを入れないと」と思うとファーストが入らないし、「甘いセカンドを打つと攻められる」と思うとダブルフォルトしたり。

 相手のサーブが良くて「ブレイクできそうにない」と思うと、逆に自分のサーブは絶対にキープしないといけないというプレッシャーでフォルトしたり。ですからファーストサーブの入りの確率から、選手のメンタルが推し量れたりもするのです。

錦織の応援の仕方、まず基本はコレ



 ですからテニスの試合は、こんなふうに応援しましょう。

 錦織選手のファーストサーブが入ったら、小さく「よし」です。ファーストサーブをフォルトしたら、小さく「うっ!」です。ダブルフォルトしてしまったら、メンタルを心配しつつお母さんのような気持ちになって「がんばって」。

 錦織選手がサービスゲームをキープしたら、勝つためには当たり前なので「よし!」です。

 錦織選手が相手のサービスゲームをブレイクしたら、大きく勝ちに近づきました、派手に「やった!」です。

 相手が錦織選手のサービスゲームをブレイクしたら、ピンチです。叫びましょう。「やべえ!」。

 ただし、相手がフォルトをしても騒いではいけません。テニスは貴族のスポーツですから、相手のミスを喜んではいけないのです。

 USオープンは、ボールのスピードが速いコートなので、ビッグサーバーが有利な大会です。サーブがわかるだけでもかなり観戦が楽しめるでしょう。次回は、「ラリーの時にどっちが優勢なのか見極める方法」をお伝えします。これでテニスの試合がかなりわかるようになりますよ!

<TEXT/和久井香菜子>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【和久井香菜子(わくい・かなこ)】
和久井香菜子ライター・イラストレーター、少女漫画コンシェルジュ。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。ネットゲーム『養殖中華屋さん』の企画をはじめ、語学テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。街で見かけたおかしな英文から英語を学ぶ「Henglish」主宰。

和久井香菜子
ライター・イラストレーター、少女漫画コンシェルジュ。『少女マンガで読み解く 乙女心のツボ』(カンゼン)が好評発売中。ネットゲーム『養殖中華屋さん』の企画をはじめ、語学テキストやテニス雑誌、ビジネス本まで幅広いジャンルで書き散らす。街で見かけたおかしな英文から英語を学ぶ「Henglish」主宰。




あなたにおすすめ