Lifestyle

結婚はイケメンにこだわらない方がいい理由【シングルマザー、家を買う/34章】

<シングルマザー、家を買う/34章>

 バツイチ、2人の子持ち、仕事はフリーランス……。そんな崖っぷちのシングルマザーが、すべてのシングルマザー&予備軍の役に立つ話や、役に立たない話を綴ります。


(前号までのお話)
気球に乗りたいという娘の願いを叶えるため、北海道へ家族初めての遠方旅行へ。しかし、気球を前にして娘が急に搭乗を拒否し、一人で乗るはめになってしまったシングルマザーは「親の心子知らず」と空の上で強く思ったのだった。

シングルマザーの“老後の伴侶”問題



 シングルマザー同士が集まると、自然と仕事と育児の話になる。そして、最近よく話しているのがいつか来る“老後の話”。

 結婚をしていた時は、こんなにも老後について考えたことはなかったように感じる。しかし、今や自分一人でどうにかしないといけないと考えたときに、今から準備がいろいろ必要になってくることに気づいたのだ。経済的な問題も抱えているからこそ、真剣に考えるようになったのだろう。

 そんな話をしていると、自然と再婚の話にもつながってくる。私を含め、いつも一緒に遊んでいるシングルマザーのみんなは、直近の再婚願望はないが、子供が巣立った老後に、パートナーが見つかればいいなとは考えている。その時を想定して、お互いの好みなどを話すのだが、私と太鼓持ちの娘を持つママ(29章参照)は胸を張りながら声を揃えて、大きな声で“イケメンがいい”と発言していた。好みや理想を話すくらい、自由だろう。夢だって大きく持った方がいい。娘だって松潤がいいって言っていたし!

 しかし、同じくシングルマザーでケアマネジャーの友達(20章参照)は、まったくビジュアルにこだわらないと言い張るのだ。ここでよくある女子会のテーマ、「性格の悪いイケメンと、性格が最高なブサイクどちらがいいか」という討論になるのである。しかし、この討論をバツイチ子持ちの3人で言っているのだから果てはない。まぁ、これはエンタメの一つと言っていいだろう。

イケメンもブサイクも同じ顔になる



 しかし、どんなに討論したとしても、ケアマネの友達は、絶対にイケメンにこだわらない方がいいと言い張るのだ。なぜそこまで言い張れるのかと私たちが聞くと、なによりも的確な答えが返ってきた。

人間、70歳過ぎるとみんな同じ顔になるから!

シングルマザー、家を買う/34章 さ、さすがご老人を相手に仕事をしているだけある……。しかも彼女はこう続けた。

「もうね、そんくらいになると、“過去のイケメンど~れだ!”って聞いてくるからね。もう全然わかんないから! 過去の写真見せられて、めっちゃイケメンな人と、めっちゃブサイクな人、いまや同じ顔だから! その二人がゲラゲラ笑ってお互いの顔指さしてるんだから、おじいちゃんたちは面白いよ」

……何だその会話。てか、その老人ホーム面白すぎだろう。

⇒「老人ホームは色恋沙汰や嫉妬でドロドロ!?」

<TEXT/吉田可奈 ILLUSTRATION/ワタナベチヒロ>

⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【書籍『シングルマザー、家を買う』、好評発売中!】
ご好評いただいている本連載「シングルマザー、家を買う」が書籍化しました! タイトルは同じく、『シングルマザー、家を買う』(扶桑社)。シングルマザー生活や家を建てるのに役立つ、書籍オリジナルのコラムも満載です。


『シングルマザー、家を買う』【吉田可奈 プロフィール】
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@singlemother_ky

吉田可奈
80年生まれ。CDショップのバイヤーを経て、音楽ライターを目指し出版社に入社。その後独立しフリーライターへ。現在は西野カナなどのオフィシャルライターを務め、音楽雑誌やファッション雑誌、育児雑誌や健康雑誌などの執筆を手がける。23歳で結婚し娘と息子を授かるも、29歳で離婚。座右の銘はネットで見かけた名言“死ぬこと以外、かすり傷”。Twitter(@knysd1980
シングルマザー、家を買う

年収200万円、バツイチ、子供に発達障がい……でも、マイホームは買える!

シングルマザーが「かわいそう」って、誰が決めた? 逆境にいるすべての人に読んでもらいたい、笑って泣けて、元気になる自伝的エッセイ。




あなたにおすすめ