♂&♀
Love

アラサーなら“女性主導の夜”を!彼をトロけさせる4ステップ

 エッチは男性が攻めるもの、女性が受けるもの。そう思っていませんか? LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」では会員341名(男性36名を含む)に対し、「エッチのとき、主導権はどっち?」とアンケート調査を実施したところ、85%の方が「男性」と答える結果となり、年代別に見ると、20代の男女の半数以上が「エッチは男性が攻めるもの!」と考える傾向にあることがわかりました。

セックス ところが30代の回答者によると、主導権を握る割合が男性で22.8%、女性で32.7%となり、20代から30代にかけて女性主導のエッチへと変わっていくようです。

「そんなこと言ったって、攻め方がわからない……」という方! やってみないとわかりませんよ! 頭で考えてもカラダを動かさなければ、せっかくのテクニックも机上の空論です。そこで今回はキスから挿入まで、女性主導のエッチについて考えていきたいと思います。

=====================
Q. エッチのとき、主導権はどっち?

・男性(290名)
・女性(49名)

回答時期:2013-03-04~2013-03-10
総回答数:341名
=====================

流れ1:エッチは、キスに始まりキスに終わる



 キスなくしてエッチは始められませんし終われません。彼のアソコが起き出してくるまで、キスにたっぷり時間をかけましょう。オススメは彼の頭を胸に抱いたあとのキス。男性だってたまには誰かに頭をヨシヨシされたいのです。

「今日はゆっくり休んでいいんだよ」という気持ちをバストの柔らかさとキスで伝え、彼の心をほぐしてあげましょう。あなたが主導を握る前に「動いてはダメ。今日は私がするんだから」と伝えることで、あながち悪くないなと彼も受け入れてくれますよ。

流れ2:愛撫は相手の期待を裏切り、応えること



 相反することを言っているようですが、理解すればいたって簡単です。みなさんそれぞれに気持ちよくなれるポイント、タッチングがありますね。愛撫する側はついついソコを集中的に狙って快感を与えたくなりますが、真のポイントは『灯台下暗し』。すぐ隣にあるんです。相手が一番触って欲しいであろうポイントのすぐ横を愛撫しましょう。

「そこも気持ちいいけど、もっと右……!」くすぐったいようなもどかしいような快感が彼のカラダを支配します。そうです、これは『ジラし』です。太陽は月があるから輝く。光は影があるから光になる。愛撫もジラしがあるから気持ちいいものになるのです。

 ジラしてジラして彼の期待を裏切り、そして期待に応えて真のポイントをタッチする。これが女性主導のセックスの質を高めてくれます。

流れ3:愛撫は滝の如く



 女性主導のエッチがわからない人は、キスを滝の落ち口として、段瀑(だんばく)の如く2段4段、分岐瀑の如く右へ左へ。落ちながら分かれつつ、滝壺である彼のアソコへ向かいましょう。

 大きな段になるポイントは首筋、肩、脇、乳首、腰、お尻、そけい部です。流れる水となる愛撫は唇と舌を使ったキス、手と指を使ったタッチを中心に。彼の鼻息がだんだん荒くなってきたり、カラダがピクンと反応したり、声を出してしまったり。徐々に彼のボルテージも上がってきますよ。

 彼の手がアソコへ誘導し始めたら、期待に応えるべく滝壺に落ちていきましょう。でもすぐに期待に応えてしまってはいけません。アソコの周りのキス&タッチでジラします。これは流れ2でお伝えしましたね。

流れ4:挿入は疲れないものを!



 女性主導のエッチがわからない人にとって最も問題となるのは、挿入した後の腰の動かし方だと思います。勉強のため、エッチの動画を見る人もいるのではないでしょうか。それでもどう動いていいのかわからない人は、まずは自分が疲れない動かし方を探りましょう

 特に疲れてしまうのは、スクワットのような上下運動。慣れるまでは騎乗位などでのこの動かし方は控えた方が無難です。

 オススメは、カラダをまっすぐにしたまま、彼のアソコの角度に沿わせた動かし方。勃起の角度と同じ方向に動かすので、腰を前に突き出すようなイメージで動かします。これも内腿の筋肉を使うので、途中でプルプルしてくるかもしれません。

 続いてのオススメは、前屈みになって彼に覆いかぶさったままでの動かし方。腰を引くイメージで動かしましょう。彼のアソコは勃起の角度とは反対に向きますが、その分カリや膣口への引っ掛かりが強くなるので、お互いに感度がアップしますよ。この二つを組み合わせて、疲れない動かし方を探ってくださいね。

 セクシー女優さんのような高速運動は、動かし方に慣れてから考えればいいので今のところ必要ありません。長距離選手になったつもりで、なるべく疲れず、長く動かせるような挿入を目指しましょう。

 願わくば彼がイクまで女性主導のまま攻めたいところですが、彼もウズウズしているはず。彼が攻守交代を申し出たら、遠慮なく変わってしまいましょう。

 こんなにやることがいっぱいあったら覚えられないし、無理! と思う人もいるでしょう。いっぺんに覚える必要はまったくありません。今日はこれをやってみよう、できたら次これを足していこう。ひとつひとつクリアしていけばいいのです。焦らずに、彼の快感をあなたの楽しみに変えて、取り組んでくださいね。

▼ライター:小室 友里さんプロフィール
夜の性活相談員。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★セックスでダイエット?!体位別セクササイズのすすめ
★男性が好きなフェラチオNo.1!「裏筋舐め」って何?
★アソコだけじゃない!男性が感じるポイント5つと愛撫の方法

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ