♂&♀
Love

彼のが小さすぎて感じない…諦める前の対処法3つ

 飲み会のネタなら笑って済ませられますが、実生活において男性器の小ささは、2人の性生活(ラブヘルス)に大きな影響を及ぼします。

男性器 LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」が会員女性を対象に「男性器が小さい彼とのセックスは『感じにくい』と思いますか?」とアンケートを取ったところ、「はい」と答えた女性は全体の47.9%。半数近い女性が彼の男性器の小ささに悩んだことがあるといえます。

===============
Q.男性器が小さい彼とのセックスは「感じにくい」と思いますか?

・いいえ(64名)
・はい(59名)

回答時期:2015-09-25~2015-10-02
総回答数:123名
===============

 ベッドインしてみなければわからない、彼の男性器問題。大きくするのは叶いませんが、2人の努力や心がけで気持ちいいセックスができる方法を、一緒に考えていきたいと思います。

 また、この問題は2人で解決へ向けて一緒に考えることが大前提。男性器の小ささは、女性が感じている以上に男性の思考の足かせになっています。小ささに悩みつつもプライドが邪魔して行動に移せない男性も大勢います。女性一人が頑張って解決策を提示しても、男性がそれを受け入れてくれなければ始まりません。だからこそ、いかに彼の気持ちに寄り添えるか、という愛の見せどころともいえるかもしれません。

感じる方法1:こだわりを捨てる



 いきなりですが、今2人が持っているセックスへの価値観を全部捨てましょう。

・彼のが小さいから感じないんだ
・俺のは小さいんだ
・男は男性器で女を喜ばせるべきだ

 などなど、セックスへの価値観をクリアーにするところから始めます。なぜなら、人の脳はとても騙されやすいから。「どんなに頑張っても、小さいし…」と思っていたら、どんなに善処を尽くしてもやっぱり気持ちよくなれないんです。

 大きさへのこだわりを捨ててしまいましょう。奥が気持ちいいのなら、バイブを使う選択肢だってあるのです。「彼のですっごく気持ちいいセックスするんだ」という『感じる脳』に切り替えてください。

感じる方法2:前戯はたっぷりと



『感じる脳』に切り替えたら、前戯はたっぷりと行うようにしましょう。

 存分に愛され、じっとりと濡れた膣は、彼の男性器に吸い付くような動き方ができるようになります。伸縮率が上がるので、小さい彼の男性器もキャッチできる膣に変わる、というわけです。

 バイブを取り入れてみたり、指のインサートで工夫したり、膣の中から気持ちいいと思える前戯を心がけます。前戯で何度もオーガズムを迎えられるようになれば、挿入への期待感は薄れるはずです。

感じる方法3:いい角度を探す



 挿入後は、あなたの気持ちいいポイントにあたる体位で楽しみましょう。この場合は彼の満足度より、あなたの満足度が重要です。

 ここで、先ほど申し上げた『感じる脳』が役に立ちます。

 彼に『自分の快感=快感』ではなく、『相手の快感=自分の快感』となってもらいましょう。つまり、与える喜びを知ってもらうのです。しかしそのためは、あなたの快感ポイントを熟知しなくてはなりません。

 そのためにも、女性は自分の快感をさらに追求することです。オーガズムによってセックスで満足できるとわかったのですから、オーガズムを感じられる快感ポイントを彼と共有するようにしましょう。ということは、自分から彼に言葉で伝えなくてはなりませんね。

 彼が望むものをあなたが与え、あなたが望むものを彼が与える。言葉、仕草、感情のキャッチボールが繰り返されれば、心の距離は自然と近くなり、セックスがもっと楽しくなります。そうなれば、挿入で得られる快感に固執することも減ってくるはずです。

 大きいに越したことはない。これがほとんどの女性の本音だと思います。しかし欧米のデーティングピリオド(付き合う前に何回かデートして、体の相性も確かめてから付き合うかを決める)のような文化がない日本では、男性器問題は当たるも八卦当たらぬも八卦、びっくり箱を開けるようなものですよね。(ちなみに私個人としてはデーティングピリオド賛成派ですが、日本には馴染まない文化だろうなと思います)

 ですので、大きい小さいをセックスの基準にせず、「この人とはどんなセックスが楽しめるか」という視点を持ちながら、セックスライフを楽しめる関係を目指しましょう。

▼ライター:小室 友里さんプロフィール
ラブヘルスカウンセラー。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★彼が勃たない・勃っても持続しない時の、女性側の正しい行動とは
★アソコだけじゃない!男性が感じるポイント5つと愛撫の方法
★「今日は私が攻めるね」女性主導のセックスの流れとは

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ