♂&♀

「いくら貢がれたら愛人になる?」プチ愛人の半数は●万円以上

 今、一部の30~50代の男性で「セフレ以上、愛人未満」の彼女をつくることが密かにハヤっているという。調査と取材を進めると、そこには世相を反映した、男女の思いがあった。  なぜ今、短期間だけ“愛人”になってもらう「プチ」という新形態が定着しつつあるのか、女性の証言を集めた! 短期契約愛人

見返りは、数万円のエアチケット代

「愛人って意識はないんですけど、傍から見たら、そうなるのかな」  そう語るのは人妻のMさん(27歳・東京都)。彼女は今、40代のパイロットと愛人関係にある。 「彼とは3年前、異業種交流パーティで出会いました。旅好きということで意気投合したんです。ある日、『今度、友達と沖縄に行く予定があるんだけど、チケットが高いから迷う』ってメールしたら、『僕がチケット取ってあげる』って。もちろん料金も彼持ちです」  以降、Mさんは友人との旅行の際、チケットを手配してもらうようになったという。 「旅行先で、彼のフライトと私の予定が合えば、一緒に過ごしています。会えるのは年に3~4回。札幌や大阪、福岡に行きました。有名レストランで食事して、彼のホテルでエッチする感じですね」  人妻という立場ながら、今後は近場の海外リゾートにも挑戦したいとやる気満々だ。 「東京から5時間以内で、直行便がある海外リゾートはグアム、サイパン、パラオだけ。その彼と弾丸ツアーを計画中です」  旦那は浮気に気づいていないと語るMさんだが、バレる日も近いかもしれない。

いくら貢がれれば愛人になる?

 航空券ならば1回数万円のプレゼントになる。女性たちが愛人になってもいいと思う額はいくらなのだろうか。プチ愛人経験のある女性100人に聞いてみた。 ====== 愛人になってもいいと思うプレゼントの額 ※プチ愛人経験のある女性100人に聞いた (複数回答) ・30万円以上のプレゼント 77% ・10万~30万円未満のプレゼント 65% ・5万~10万円未満のプレゼント 43% ・1万~5万円未満のプレゼント 27% ・5000~1万円未満のプレゼント 12% ======  10万円ぐらいが、「半数超え」のボーダーラインになりそうだ。  たしかに、10万円の物をもらっといて「今夜は帰ります」とは言いにくいかも。  1万円程度で愛人オッケーの人はさすがに安売りしすぎでは…。でも1万円のプレゼントをくれる人は、それなりに食事代や旅行代も出してくれるはずで、まあいっか、というのがプチ愛人感覚なのだろう。 ―[プチ愛人]女性100人の証言【6】―
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ