Love

●割の女性が「結婚前に同棲すべき」派!そのメリットとデメリットとは

 みなさんは「同棲」についてどんな考えをお持ちでしょうか?「結婚前に同棲をしておいた方がいい」という人もいれば、「同棲すると婚期が遠のく」という人もいますよね。そういえば親戚が集まったときなどにも、叔母さんたちとそんな話題になることがよくありましたが、考え方は人それぞれ、筆者の周りでは意見は真っ二つに分かれました! カップル そこで、LCラブコスメが運営する「ラブリサーチ」が会員女性を対象に『結婚する前に、パートナーとの同棲は必要ですか?』というアンケートを実施したところ、70.5%の方がはいと答えました。  同棲必要派がここまで多いとは! 少し意外でした。私の個人的な意見としましては、そのときのお互いの年齢にもよるかも…などとも思いますが、今回はアンケートを元に同棲することのメリット・デメリットと同棲を始める前の心構えについてご紹介をしようと思います。 =============== Q.結婚する前に、パートナーとの同棲は必要ですか? ・はい(96名) ・いいえ(40名) 回答時期:2013-12-05~2013-12-20 総回答数:136名 ===============

同棲することのメリット

・「物の考え方や生活環境も違うから必要だと思う」 ・「同棲して味覚の好みが違うと気が付きました」 ・「価値観のすり合わせや妥協って大事だと思う」  結婚は、一生を共に暮らしていこうと決断することだと思うのですが、独身の筆者はやはり身構えてしまいます。結婚って本当に大きな決断ですよね。好きというだけでは乗り越えられない壁もきっとでてくることでしょう。そのため結婚をする前に、パートナーとの暮らしがお互いにとって心地いいか、同棲をして確かめるというのは、とても筋の通った時間のように思います。  生活を共にすることができるのか? という大きな不安要素も、同棲をすると見えてきますし、結婚したあとに「こんなはずじゃなかった!」なんて思う恐れがあるようなら、同棲をおすすめします!

同棲することのデメリット

・「同棲しなくたって私は彼のことが理解できました。長い旅行もしたし、結婚後意外だったことなど一つもありません」 ・「見えないものが見えてしまうと結婚を躊躇してしまうと思う」 ・「同棲してしまうと新生活において2人の関係に初々しさがなくなるような気がするから」  なるほど…。たしかに不必要なことまで知ってしまうのは、結婚を決断するタイミングを逃してしまう恐れもあります。  自分にぴったり合う人なんて、もしかしたらいないのかもしれません。それなら、私とは違う人なのだし、合わないことがあって当たり前! というくらいの気持ちで、彼と同棲の話題になったときは、それだったら結婚しようよ! と自ら持ちかけてみるのもいいでしょう。  結婚=新生活のスタート、というのもとても分かります。初々しさでいうと、私の知人は同棲をせずに付き合ってすぐに結婚をしたので、新婚当初はトイレに行くのさえ恥ずかしかった! なんて言っていました。お互いに気を遣いつつの新婚生活、って想像すると可愛らしくていいですよね。  これから2人が共に歩む長い時間を、新鮮味をもって始めたいという方には、同棲をせずに結婚をして一緒に暮らし始める、という方がいいのかもしれませんね。

同棲を始める前の心構え

 私は友人でも恋人でも「親しき仲にも礼儀あり」だと思っています。家族になってしまったらそれは少し変わってくるかもしれませんが、同棲中のパートナーも同じこと。それがお互いに信頼関係につながるのだと思うのです。  家族と同居をしていたときや1人暮らしのときとは勝手が違うのは当たり前のこと。なので、2人で話し合って生活最低限のルールを作ってみるとよいと思います。 たとえば… ・携帯電話を勝手に見ない ・家事の分担のことなど ・門限をがちがちに決めない ・自分の好みを相手に押し付けない ・相手への感謝の気持ちを忘れないようにする  どのルールも、自分のことよりも相手のことを思いやっていれば自然とできることだと思います。携帯電話や門限については、相手を信じることができれば細かく気にならないでしょうし、逆にそれが気になりだしたときには、勝手に見ないで彼と話し合えばいいですよね。  とにかく、生活を共にするときに大切なのは最低限のマナーやモラルを守ること。どんなに親しい同棲相手でも、それが一番大切だと思うのです。  同棲生活に対して「中途半端」だと思われがちだった一昔前よりも、今はずっと同棲しやすい世の中だと思います。たとえばご両親などに相談をしても、同棲を反対する人も少ないのではないでしょうか。  同棲は結婚よりももっとライトに決断できることだと思いますし、お互いを知るために必要な期間と捉えて、「試しに一緒に住んでみよう!」と提案をすることをお勧めします! ●ライター:今西祐子さんプロフィール 東京都出身の女性映画監督・脚本家。2001年に『小さな恋』で監督デビュー。これまでの監督作品は『オアシス』『きみとみる風景』など。人とのかかわりや、心の傷を繊細に描いた作品に定評がある。エルシーラブコスメティックのオリジナル恋愛ドラマ『ラブコスメガールズ』の脚本および監督も務めた。
<コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ラブリサーチ】 女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。 ★お泊りデートで過ごすなら?「彼の家」「ホテル」のメリット・デメリット ★カップルの脅威!「倦怠期」の乗り越え方4つ ★恋活、婚活をやめると素敵な恋愛ができる理由
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ