Love

仕事がデキない男は妻をダメにする?

「結婚したら変わっちゃったんだよ……」と、妻へのグチをもらす夫は多い。でも妻から言わせれば、「誰のせいで変わったと思ってんだ」という反論が山ほどあるもの。そんな妻たちの本音を取材してみた。

デキない夫と負のスパイラルに



●ベンジャミン幸子さん(仮名・42歳)
●夫の職業は金融で年収2000万円

 艶やかな黒髪に和装が勝負服の幸子さん。高スペックの欧米人夫を射止めたのは8年前のこと。

結婚「当時は、前の夫と離婚して5年。夫婦は悪いスパイラルにハマったらおしまいです。私が失敗から学んだのは、仕事のできない男は妻を劣化させるということです」

 幸子さんいわく、デキない男は優先順位をつけられず、リスクヘッジできない。また自己コントロールもできないため感情や欲望に流される。家庭に置き換えてみると、風俗や浮気に時間とカネをつぎ込み、妻を大事にしないということだとか。前夫は見事なまでにこの“負のスパイラル”にハマってしまったという。

「今の夫はハッキリ言って仕事ができます。仕事ができるから自然と収入も高くなります。自己コントロールもしっかりできて、家庭と仕事をうまくコントロールしてくれてます。結局、離婚後に決めた“男の条件”をクリアした日本人男性はいなかったんですよ」

 理想を求めた結果なのか、再婚した相手は欧米人だという。

「今の夫は、毎日のように私に感謝と愛を言葉にして伝えてきます。ささやかな気遣いでいいんです。欧米人の間では、日本人女性は優しくて家事も丁寧、Hもサービスがよいと大人気。このままだとイイ女はすべて欧米人に取られてしまいますよ」

 まぁ、欧米人にもヒドい男はいっぱいいると思うが、日本女性がグローバルにモテるというのはよく聞く話。

「結婚前に、男も女も仕事ができるかどうかをチェックすることをオススメします」と幸子さん。女の仕事力もシビアにチェックされるんですね……。

―「妻の劣化」問題、妻からの大反論【9】―




あなたにおすすめ