Lifestyle

「ゲイバー」がノンケ女性に人気!好かれる/嫌われる女性客、3つのポイント

(1)主役になろう、とは考えない

写真はイメージです

 若い女子である。  一般の世界では、これはある意味最強のアイテム。(容姿によっての個人差は当然ありますが)様々な世代のノンケ男子たちからは、無条件にチヤホヤされる資格をもっていると言っても過言ではないでしょう。 でもゲイバーでは違います。  ゲイのスタッフやお客さんがチヤホヤしたいのは、いつも貴女をチヤホヤしてくれる男子たちなのです。つまりゲイバーにおいて女子は「その他大勢の脇役の1人」に過ぎないのです。この状況を理解しているかどうかで、貴女の立ち振る舞いは自然と変わってくる筈です。 <GOOD>========  ゲイバー遊びが慣れている賢い女子は、ここをよく理解しています。そういう彼女たちは「ゲイと同じ観点で男をチヤホヤする」というスタンスを選びます。  ノンケの一般男子にとって「チヤホヤされる」経験など、まず縁のないこと。そんな男子がゲイ&女子からチヤホヤされれば、舞い上がること必至。気持ちよくなった男子が、しっかりお金を使ってくれれば店の人も大満足。  つまり貴女は、店のスタッフからすると「売上に協力してくれた最高のお客さん」なのです。それ以降、貴女の扱いが良くなることは確実ですよ。 <BAD>========  ゲイバーのノリに慣れていない女子は、脇役に回ることを受け入れられません。そんな彼女たちは、自分が無視されノンケ男子がチヤホヤされる状況が許せません。その場の空気を読まず、しゃしゃり出て来てしまいます。  ノンケ男子をチヤホヤすることを楽しんでいた店のスタッフやゲイ客からすると、貴女は「場を乱すウザいノイズ」にすぎません。空気を読まない面倒な客、そんな風に認識された貴女がどのように扱われるか、分かりますよね?
次のページ 
イジられることを喜ぶ
1
2
3
4
Cxense Recommend widget




あなたにおすすめ