Beauty
Fashion

ユニクロ、買ってはいけない春アイテム2選【トップス、パンツ編】

形はいいけど…実は! 素材選びは慎重にしなきゃダメ!

⇒【写真】はコチラ http://joshi-spa.jp/?attachment_id=471898 デニムジョガーパンツ ●デニムジョガーパンツ ¥2,990+税 http://www.uniqlo.com/jp/store/goods/177369  昨年のダウンジャケットなどに比べ、この春はCMの本数が激減したように思えるユニクロですが…唯一よく流れるのがこの「ジョガーパンツ」のCM。  トレーニングウェアなどを日常着に落とし込む「アスレジャー」トレンドを受けてユニクロが注力している商品カテゴリのよう。CMや通販ページでもタレントのローラさんを起用し完成度の高いアスレジャーコーディネートを提案しています。  注力している商品カテゴリだけに多くの素材違いを展開しています。スラックスライクなドレープ素材、スポーツライクなストレッチスウェット素材、その中間的なポンチ素材、はたまたカジュアルなデニム素材など。  確かにこのユニクロレディースのジョガーパンツは形がキレイ。  特徴は裾に向けてキュッと細まったシルエット。パンツの印象は「裾」で決まります。ブーツカット、ストレート、スキニーなど…これらは実は膝下から裾にかけてのシルエットでパンツの名前が決まります。  膝までは同じ形だったとしても膝から下がどんなシルエットを描くかで種類が決まるのです。このジョガーパンツ、ウエスト周りはやや余裕があって非常に穿きやすい形ながら裾にむけてキュッと細まった形のため、ルーズな印象は全くありません。「穿き心地良い形なのに、キレイに細身に見える」デザイン。裾のキュッと細まった形状も上手に目立ち難いディティールになっており、よくあるスウェットパンツよりもグッと大人っぽく洗練された印象です。
次のページ 
美シルエットのジョガーパンツ、●●の素材は避けたほうがいい!?
1
2
3
Cxense Recommend widget
最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」を人気バイヤーMB氏が解き明かす。お金もセンスもファッション誌もいらない!




あなたにおすすめ