♂&♀

AVから「イイ女」の技を盗め!エロテクを磨くより大事なこと

 草食系や断食系といわれる、恋愛に興味を示さない男性が増えている昨今。女性が従来のモテテクを駆使しても通用せず、ヘタすればすぐに恋愛難民となってしまう。そもそも、今どきの世の殿方たちはどんな女性を求めているんだろう?

「その時代の男性が求める女性像は、アダルトビデオに反映されていますよ」

 こう話すのはアダルトメディアの歴史を紐解いた『痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか』の著者でもあるライターの安田理央さん。

 イマドキ男性が求める女性像とはどのようなものなのか? 現代流の恋愛をお聞きした。

女性のほうがエッチを頑張りすぎている?



AV――アダルトビデオ(以下、AV)から男性の求める女性像がわかるというのは、具体的にどういうことですか?

安田理央さん(以下、安田):AVは男性の欲求を満たすものだから、その時代のニーズをリアルに反映しています。ただ、テクノロジーや状況の進歩に伴って、描かれる女性もどんどん移り変わっているんです。

 昔は黒髪で清楚な美少女が王道だったけれど、女子高生やギャル系のブームがきて、今は痴女のような積極的な女性が人気を得ている。

 絶対に売れないと思われていたモノが、売り出してみたら爆発的な人気を集めて新たなジャンルを確立するということもよくあります。AVは時代を映す鏡なんですよ。

――女性もAVを観れば、その時代の男性が求めている女性像がわかるんですね。

安田:スマホの普及なんかで、今はAVを観ている女性も多いよね。ただ、その影響なのかわからないけれど、最近は女性のほうが頑張っているという印象を受けます。

 週刊誌とかでも『男に捨てられないために』といった類の特集を組んでいることが多いし、AVを観て「こうすれば男性は喜ぶんだ」って実践する子も増えているでしょ。

 全体的に男性を喜ばせることに一生懸命なムードを感じるけれど、体がそれに慣れると、すべてが演技っぽくなっちゃうんだよね。僕からみると自分の満足より相手を喜ばせることに意識が向き過ぎているように感じます。

次のページ 
なぜ、“女性が頑張る”ムードになってしまったのか?

1
2
痴女の誕生 アダルトメディアは女性をどう描いてきたのか

インターネットが根底から変えてしまったセックスをとりまく世界。「美少女」から「男の娘」に至るまで、アダルトメディアがたどった歴史を解き明かした革命的論考。

あなたにおすすめ