生理の日のデート、ムードを壊さないマル秘テクニック5つ

 洗車した次の日に雨が降ってしまったり、マニキュアした翌日に爪が割れてしまったりと、「さぁこれから!」って時に限って、テンションが下がってしまう出来事がありますよね。女性の生理も、そのひとつかもしれません。彼とのデートでいい雰囲気に! こんな時に限って生理が来てしまい、ガッカリした彼の顔を見たことがある人もいるのではないでしょうか。

デート「ラブリサーチ」が会員女性を対象に『生理中にエッチしたことはありますか?』とアンケートで聞くと、72.9%の方が「ある」と答えています。しかし、膣内が敏感になっていることから、生理中のセックスはあまりおすすめできません。そこで彼の期待と雰囲気を壊さず、次のラブタイムが楽しみになるような方法を、一緒に考えていきましょう。

===============
Q.生理中にエッチしたことありますか?

・ある(154名)
・ない(57名)

回答時期:2014.08.01~2014.08.11
総回答数:211名
===============

お口&ハンドサービスデーに



 エッチしたい気持ちの根底には、射精欲を満たしたい欲求があります。その期待が裏切られたと感じるからガッカリしてしまうのですね。つまり射精欲を満たしてあげれば、彼のガッカリ度はかなり軽減されると言えます。

 『与えるものは与えられる』の精神で、生理中はフェラチオ&ハンドでサービスしてあげましょう。この時ばかりと攻めっ気を出して、いつもよりたっぷり愛してあげると、彼も「生理中はあのサービスが……」と楽しみにしてくれるようになるかもしれません。

次はいつ、と数字と提示



 男性が断られて1番辛いと感じるのは、「次にいつできるかわからない」ことです。いつならできるようになるのか、はっきりとした数字で提示してあげましょう。例えば「5日後なら大丈夫だよ」などと、数字で提示すると我慢の目標が明確になるので、彼のガッカリ度も軽減され、「それなら仕方がない、我慢しよう」と思えるようになります。その代わり、5日後の約束は必ず守りましょう。ここで守られないと、彼のガッカリ度がアップしてしまうかもしれません。

気遣いのダブルコンボ



 数字の提示と一緒に、ガッカリさせてしまったことへの気遣いを見せましょう。「楽しみを我慢させてしまって悪いんだけど、私のお願い、聞いてくれる?」とお願いする形で彼に伝えます。お願いされて、イヤと言える男性はそういません。また、気遣いを見せたことで男性のプライドは保たれ、「わかったよ」と言いやすくなります。

「なんで私がお願いしなくてはいけないの!? 私だって好きで生理になった訳ではないのに!」と思う方もいるかもしれません。しかし、男性には女性の生理の仕組みや、辛さがよくわからないので、理解しがたいという事もあります。ここは一歩引いて、男性を立ててあげましょう

エッチを想像させないデート



 エッチしたいスイッチが入ってしまったら、なかなかオフにできないのが『雄イッチ』です。ならば最初から雄イッチをオンしないようにするのもテクニックです。二人きりになりやすい場所、間接照明で照らされた空間など、エッチを想像させる場所を避けてデートしましょう。

生理のサイクルを共有する



 あらかじめ、月のサイクルを知らせておくと、男性は対応しやすくなります。しかし生理日を伝えられると、ゲンナリしてしまう人も。出血を想像すると、エッチしたくなくなってしまうという男性意見が聞かれるのも事実です。

 ですので、伝えるのは生理日ではなく排卵日。「排卵日近くって、ムラムラしやすいんだって。確かにそうかも……」と、エッチしたくなる日を教えてしまえば、彼も排卵日に合わせて誘おうという意識が根付きます。しかし、このテクニックには落とし穴が。それは『男性は生理に興味がない方が多く、一度言ったくらいではすぐに忘れる』ことです。繰り返し、伝えることが大切。女性も男性も、根気が必要ですね。

 彼が期待した気持ちを裏切らないように伝えるのは、容易なことではありません。おそらく裏切ってしまうこともあるでしょう。しかし、二人がより分かり合うためのハードルだと思って、ひとつひとつ、乗り越えていきましょうね。

▼ライター:小室 友里さんプロフィール
ラブヘルスカウンセラー。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★生理がぐっと楽になる「月経コントロール」の方法
★「前戯」VS「挿入」! あなたはどっち派?
★どうすれば気持ちいい? 睾丸への愛撫テクニック

ピルのメリットとデメリットは?
ピルのメリットとデメリットは?女医が教え…
デート
デートに誘われるには?“誘われ派”がやっ…
デート中の男女
デートは月に何回がベスト?多すぎるのはマ…
デリケートゾーンは見落としがち
アソコも老ける!下着の中まで若々しい女性…
♂&♀
sponsored
将来が不安!!
貯金って将来いくら必要?男より頼れる「お…
sekuhara
女性→男性のセクハラにも要注意「酔った女…
▼この記事がおもしろかったら「いいね」を押してね!
サイトリンク・バナー
esse