Entertainment

人気ラッパー20人超が集結。なぜか東京都主催のMCバトルに興奮した!【動画レポート】

 東京都選挙管理委員会が「18歳選挙権」周知のために斬新な特設サイト「TOHYO都」を開設しシュールな動画を公開したのが記憶に新しいところですが、6月4日と5日の2日間でさらなるイベントを開催。

 それが、東京・新宿ステーションスクエア(JR新宿駅東口)で無料開催されたラップバトルイベント『TOHYO CYPHER』です。お堅いイメージの東京都選挙管理委員会が“ラップバトル”ってどーいうコト!?

tohyocipher 【参考記事】おバカすぎる東京都の動画を見て!「若者をなめてる」「よくやった」と賛否 http://joshi-spa.jp/522124

若者に向け、選挙年齢引き下げをラップでPR



 選挙権の最低年齢が18歳に引き下げられたとはいえ「投票ってそんな大事?」とイマイチ実感が沸いてない若者は多いはず。

 イベントでは、彼らになんとか関心を持ってもらおうとTV番組『フリースタイルダンジョン』にも出演中の般若やUZI、サイプレス上野やDOTAMA、KEN THE 390などの人気ラッパー20名以上が集結。「自分で行動、自分で投票」と吠えまくったわけです。
般若

初日のオオトリをつとめたのは般若

 選挙管理委員会事務局の担当者によれば「70年ぶりに施行された選挙権の年齢引き下げをこれまでの常識を覆す斬新な手法で周知したかった」とのこと。

 司会者で現役ラッパーのUZIさんが「ウェイヨー!」と会場を盛り上げ「俺がUZI、通すのは筋」というキメ台詞とともに司会進行。来場者が投票したワードを選出し、まずは投票サイファーが始まります!

⇒写真はこちら http://joshi-spa.jp/?attachment_id=529220

投票サイファー

来場者が投票したワードを開封!

ラップにしてほしいワードを投票して、選挙体験を



 今回のイベント名にもなっている投票サイファー=「TOHYO CYPHER」とは何かというと、即興ラップのなかに入れてほしいワードを、来場者が投票用紙に記入して会場に用意された投票箱にイン。

 そう、ラッパーたちが即興でラップをする“サイファー”に、言葉を“投票して選出してもらう”ことで「楽しみながら選挙の疑似体験をしてもらおう」というわけです。

 来場者から投票されたワードは「アモーレ」「牛丼」「Supreme」など無茶ぶり過ぎるワードもあったけど、選ばれたワードを上手く挟みつつ、「選挙にいこう」のメッセージにつなげカッコ良くキメてました。

⇒【YouTube】TOHYO CYPHER http://youtu.be/GsOH8rIWt_0

次のページ 
ひそかにブームの「MCバトル」も

1
2




あなたにおすすめ