Job&Money

引っ越しで不当な修繕費をとられない方法【管理会社と闘ってみた】

賃貸物件トラブルの対処法 第5回】

 前回、東京都では賃貸物件の退去時に「クリーニング代は大家さん持ち」を勧めているという話をしました。しかし、退去時に不当かつ高額なクリーニング代や修繕費を請求されてしまったら、どうすればよいのでしょうか。

賃貸の管理会社が不当に請求する理由 誠意のない管理会社は、退去時に清掃代を請求する際、かなり強気に発言してきます。

 私の場合も「クロスの汚れは善管注意義務違反」、「あの不十分な清掃で退去されるのですか?」などと責められました。とにかく「善管注意義務違反」「原状回復」といった専門用語のような言葉を連呼してきました。

※善管注意義務=善良に管理する義務。借りているものだからといって乱暴に扱うのではなく、自分のもののように丁寧に扱いなさい、ということ。

 ドアに穴を空けたとか、ガラスなどを割ったといった大きな破損は借り主が支払うべきですが、部屋全体を借りる前の状態まで戻す必要はないのです。

この程度の汚れなのに…

実際、この程度の汚れなのに…

 しかし管理会社がこのように強気の発言をするのには、いくつか理由があるようです。

管理会社が強気な理由



 まずは、すでに述べたように、退去時の費用を「ここが儲けどころ」と考えている場合。それから、トラブルがあることを大家に知られたくない場合だそうです。

 管理会社は、大家さんから業務を委託されています。つまり大家さんはクライアント。大家さんに自分の仕事の不手際を知られると仕事を失う可能性があります。借り主が大家さんにタレコミをする前に黙って欲しいのです。

 どんなに専門的な用語を連呼されて、それが当然の権利であるかのように主張されても、ひるんではいけません。「その修繕費用の請求は納得がいかない」ときちんと相手に伝え、交渉しましょう。私の場合は、メールでなんどかやり取りしました。少額訴訟を見越してのやり取りなので、契約書に記載があるクリーニング代に関しても聞き込みを行い、勝てる素材を集めました。

⇒コチラが実際のメールの内容です http://joshi-spa.jp/555892

次のページ 
少額訴訟は「負けない戦」

1
2
3




あなたにおすすめ