♂&♀

座位のやり方って?身体の悩み別「座位」テクニック

「ラブリサーチ」で会員女性に、『セックス中、自分から積極的に腰を動かしますか?』というアンケート調査を実施した結果、71.9%の女性が「はい」と回答しました。セックスに対して積極的な女性が存在する一方で、積極的になりたいけれど悩みがあるため足踏みしている女性もいるようです。そこで今回は、座位に的を絞り、悩み別テクニックをご紹介します。

座位のやり方って?===============
Q.セックス中、自分から積極的に腰を動かしますか?

・はい(105名)
・いいえ(41名)

回答時期:2016.01.14~2016.01.22
総回答数:146名
===============

「自分の体重を気にしている女性」の座位テクニック



 自分の体重が気にならない女性は滅多にいないでしょう。季節柄、ダイエットに励んでいる女性も多いかと存じますが、標準体型だとしてもなぜか気になってしまうのが体重です。愛する男性から「重いと思われたら恥ずかしい…」という不安から、セックスに集中できない女性もいるのでは?

 そこでご提案。まずは女性が、いわゆる「体育座り」の状態から、両脚を大きく開き、そして手の平は身体の後ろ側につきます。次に男性は、向かい合うようにして、女性と全く同じ体勢をとり、そのまま腰を前にスライドさせて挿入します。

 お互いに臀部を床につき、なおかつ上体を反らせているため、体重がかかりません。密着度には欠けるかもしれませんが、結合部分が丸見えになるので、視覚的興奮が楽しめますよ。

「動くとすぐに疲れてしまう女性」の座位テクニック



 セックスはある意味「全身運動」です。前戯を頑張り過ぎて、いざ挿入となったとき、息切れすることもあるでしょう。でも大丈夫! 動く必要のない座位テクニックも存在します。

 まずは男性が、あぐらをかくようにして座ります。女性は、向かい合わせになるようにして、男性の上に乗り、結合してください。そこから男性が、女性の両脚をすくい上げます。女性の腰が浮くことで、男性側が主導権を握ることができる体勢なので、下からの突き上げにひたすら身を任せましょう。

「胸のサイズを気にしている女性」の座位テクニック



 大きくても小さくてもオッパイはオッパイ!…そうやって自分自身に言い聞かせても、それでもやっぱりサイズは気になります。なんだかんだで男性は、豊満なバストに魅力を感じるという、漠然としたイメージによる影響でしょうか。

 そこでオススメなのが、お姫様抱っこ座位です。男性があぐらをかき、女性を横向きで抱きかかえて挿入します。ポイントはここから。片方の手は、男性の肩もしくは首に回し、上体を安定させます。そしてもう片方の手で、自分で自分のバストに触れましょう。

 挿入されつつ、自らのバストを弄るその姿は実にエロティック! 下から持ち上げるように揉むことで、ボリューム感を演出できますよ。

 お悩みを上手に緩和することで、セックスの快感は無限に広がります。それぞれのお悩みに合わせてお試しくださいね。

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール
1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後はコラムニストに転身。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★愛を感じる体位NO.1! 「座位」の正しい動き方
★体位を楽しむ! もっと感じるセックスの「腰使い」
★大切なのは気持ちのつながり! ポリネシアン・セックスって?

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ