News

炎上しても言う。リオ閉会式の東京PR動画で“女子高生”を出すキモさ【勝部元気】

 リオオリンピックの閉会式における日本の引き継ぎプレゼンテーション。安倍首相がマリオに扮したことが話題になっていましたが、その導入ムービーで、ゲンナリすることがありました。

東京五輪PR動画の“制服JK登場”を批判したら大炎上



 映像全体では競技するアスリートと東京の観光名所が合成された映像になっていてとても良かったのですが、その冒頭部分は制服姿の女子高校生が渋谷のスクランブル交差点にいるところから始まります。そう、またお決まりの「制服姿の女子高校生」です。

トーキョーショー 映像に登場する女子高校生は、現役女子高校生の体操選手とのことですが、他のアスリートが全員競技中のユニフォームに身をまとっている中、なぜ冒頭の彼女一人だけがわざわざ制服姿にさせられているのでしょうか? 東京五輪に挑戦する未来の若者を表現したかったというのなら、なぜ制服姿の男子高校生も合わせて起用しなかったのでしょうか?

 私が、そのようにムービーに対して批判的な一連の投稿をTwitterで行ったところ、炎上してしまったのです(※)。

⇒【YouTube】はコチラ 【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー http://youtu.be/sk6uU8gb8PA?t=3m19s

================
編集部注:
勝部氏は8月22日、以下のツイートを投稿。

リオ五輪の閉会式における日本のプレゼンムービーが本当にヒドイ。競技中のアスリートや著名金メダリストより前に、冒頭で制服姿の女子高校生を起用。「制服JKを性的アイコンにしています~!」と世界に向けて堂々とアピールやらかしました

 このツイートに始まる「JK性的アイコン文化」についての一連の投稿に対して、「制服JKが“性的”に見えるほうがおかしい」といった批判が殺到して炎上。ネットニュース等でも取り上げられた。
================

次のページ 
制服JKにこだわるのは、処女崇拝をこじらせたおじさん的性癖

1
2
3
恋愛氷河期

著者は、ナンパ禁止論や反・不倫論で話題を呼んでいるコラムニスト。男性から、かつ若手からの立場で、女性に厳しい社会に真っ向からダメ出しをする。




あなたにおすすめ