Beauty

冬服に飽きたけど、まだ寒い…どうするのがおしゃれ?

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」17 by小林直子●

Q.冬服に飽きたけれど、まだ寒い…どうすれば?



 冬も後半になってきて、だんだん冬物の黒いセーターに飽きてきました。けれどもまだまだ寒いので、春物って感じでもないです。どうしたらいいでしょうか?

A.形・素材は冬物でも、まずは色だけ春らしく



回答:小林直子(ファッション・ブロガー)

 ここ最近、日本では夏と冬が異常に長くなってきました。例えば関東を例にとると、10月の第一週ぐらいまでは気温が20度以上の日が続き、11月に入ると、こんどは桜が咲く4月の半ばぐらいまで、ダウンコートが必要なほど寒い日が続きます。

 そうすると、春物と秋物を着る機会はほとんどなくて、あとは夏物、もしくは冬物で過ごすことになります。

冬服

冬の間は黒やグレーが多いけれど… ※画像:WEARより

 さて、人間は飽きるようにできています。脳科学者がそう言っています。だから飽きてしまうのは正常です。人間だから飽きるのです。

 そして飽きると、もうおしゃれには見えなくなります。飽きれば飽きるほど、おしゃれには見えなくなる。これが人間の心理です。

 そういうときはどうするか。季節の先取りです。昔から言われているように、早めに次のシーズンのものを取り入れるほうがおしゃれに見えます。なぜなら、それはまだ見なれていないからです。見なれていないものはおしゃれに見えるというのは、おしゃれの法則です。

2月は素材は冬でも色は春に



セーター

画像:WEARより

 冬の場合ですと、だいたい2月ぐらいから、冬物に飽きてきます。黒いセーターもダウンコートも、だんだん嫌になってきます。でもだからといって、気温はまだまだ寒い。もう飽きた、おしゃれに見えないから嫌だと言って、いきなりセーターをやめるわけにはいきません。

●2月…セーターを明るい色に変える

 そんなときはどうするかというと、形と素材は冬だけれども、色は春物というアイテムを取り入れます。セーターだったら、今まで真っ黒な、ウールのタートルネックのセーターを着ていたけれども、2月の立春過ぎるころからは、白でもピンクでも水色でも何でもいいですけれども、とにかく明るい色のものにチェンジします。

セーター黄色

画像:WEARより

●3月初め…コートやマフラーを明るい色に変える

 そして3月に入ったら、次は真っ黒なダウンコートやウールのコートを、同じように明るい色のものに変えます。そんなにコートをたくさん持っていなくて、変えるのが無理だったら、コートはそのままでもいいので、首に巻いていたマフラーやストールを明るい色に変えます。とにかく色を変えていきます。それだけで気分は十分変わります。
 
マフラー

画像:WEARより


次のページ 
季節の先取りは、簡単におしゃれに見える

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。




あなたにおすすめ