♂&♀

Sな彼氏が好きな体位と、女性の“愛されるリアクション”3選

「私の彼氏は超・ドS」という皆さん! エッチの際、体位はどうしていますか? ラブリサーチのアンケート『【彼がSの方に質問】彼が好きな体位を教えてください』では、33.0%の女性が「後背位」と回答しました。次いで「正常位」が25.6%、「騎乗位」が22.9%でした。

ドS というわけで、ここではS彼氏が好む体位について掘り下げていきたいと思います。

===============
【彼がSの方に質問】彼が好きな体位を教えてください

・正常位(28名)
・後背位(36名)
・立ちバック(15名)
・騎乗位(25名)
・座位(4名)
・そのほか(1名)

回答時期:2016.09.30~2016.10.15
総回答数:109名
===============

S彼氏とは



1.S彼氏の特徴

 S彼氏の「S」はサディストのSです。サディストとは、苦痛を与えるなどの行為によって、性的快楽を得る嗜好を指します。…という書き方をすると、特異なイメージを持つ人もいるでしょう。ここでは、もう少しソフトに、「女性を攻めたい」とか「女性を辱めたい」などの嗜好を持つ男性を、「S彼氏」と定義します。

2.S彼氏と判断するポイント・方法

 あなたが発する、「イヤ」「ダメ」などの言葉に敏感な男性は、S気質が強い可能性大です。恥じらいなどの理由から、拒む姿勢をとる女性に対し、やや強引にでも攻めてくる男性は、S彼氏なのでしょう。わかりやすい判別方法は、部屋の照明です。S彼氏の場合は明るいまま、行為に至ろうとするでしょう。「明るい状態だと恥ずかしいから、照明を暗くして」とリクエストを。

Point:彼女が恥じらう姿や拒む姿勢に敏感な男性は、S気質の可能性があります。

S彼氏が喜ぶ体位



3位:騎乗位

・「もっといやらしい顔して」「その顔いいね」など、下からコメントしてきて恥ずかしがる私の様子を楽しんでいます
・私が「騎乗位の動き方がわからない」と言ってから、毎回やらせてはぎこちない動作を楽しんでいます
・動いてごらんとニヤニヤしながら言われ、私が動こうとすると下から激しく動かしてきます


 騎乗位は、女性がメインで動く体位です。そのため男性側は、「観察すること」に集中できます。「いやらしい顔をして」とか「その顔いいね」などの言葉が出るのは自然な流れかもしれませんね。また、騎乗位に苦手意識を持つ女性を、「特訓」しているような雰囲気感も、S彼氏にとっては楽しいのでしょう。

2位:正常位

・顔を隠そうとすると両手首を掴まれて隠せなくする
・正常位の状態で、私の口の中に指を入れてなめさせるのが好きらしい。フェラのように舐めると喜んでいます


 筆者にも経験があるのですが、正常位の際に手首や腕を掴まれたり、おさえつけたりする男性は、間違いなくドSです。口の中に指を入れる行為も、喘ぎ声を塞ぐことになるので、S彼氏としては支配欲がマックスに高まるのでしょう。

1位:後背位(バック)

・いつも必ずバックをするので「好きなの?」と聞いたら「征服感がある」と言っていました
・お尻が好きみたいです。お尻を鷲掴みにしたり、ペチペチ叩いたりもします
・パンパン音を立てると気分が盛り上がるようで、いつも激しいです


 エッチはコミュニケーションです。彼氏が好む体位に関して、好きな理由を訊ねてみるのもアリ。また、お尻を叩くことで、攻めている雰囲気も堪能できるのでしょう。そして、あそこがパンパンとぶつかる音! 聴覚からも興奮を得たい男性にとって、後背位(バック)は最適なのです。

S彼氏を喜ばせるセリフ&テクニック



1.騎乗位で使えるセリフ&テクニック

 男性が「視覚」に集中できる体位です。だからこそ、「恥ずかしいから見ないで」「見ちゃダメ」など、恥じらうセリフがオススメ。首を振るなどして、カラダ全体で表現しましょう。

2.正常位で使えるセリフ&テクニック

 正統派の体位だからこそ、素直に快感を伝えることで、S彼氏のピストン運動も激しさを増すでしょう。「気持ち良い」だけでなく、「気持ち良すぎてヘンになりそう」「おかしくなる」など、1フレーズ付け加えることで、だいぶ違ってきますよ。一緒に、シーツをギュッと握りしめると、あなたの可愛らしさが引き立ちます。

3.後背位(バック)で使えるセリフ&テクニック

 後背位の最中に…というよりも、後背位を求められた際に、「…動物みたいな恰好でなんだか恥ずかしい」と、頬を赤らめましょう。男性側にとっては、恥ずかしい恰好をさせているという意識が強まり、S心が満たされます。

まとめ



 …普段は優しい彼氏が、ベッドインした途端にオラオラ系のドSへと変貌するのは、私たち女性にとっても萌えポイントですよね。逆から言うと、エッチでS欲求が満たされれば、日常はこれまで以上に優しく接してくれるかも!? そんなふうに考えると、エッチ時は多少イジワルされているくらいがちょうど良いと言えるでしょう。

▼ライター:菊池美佳子さんプロフィール
1977年3月17日生まれ。20代の頃に様々なナイトワークを経験、男女の性愛について身をもって学ぶ。引退後はコラムニストに転身。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★S彼とM彼…女性を幸せにしてくれるのはどっち?
★後背位中だけどトイレに…! セックス中の便意の原因と対処法
★バックのエッチは女性らしさアピールに◎! 曲線美の出し方3選

ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ