♂&♀

「もう止まらない…」彼の舌攻めがずっと続く美味しいアソコの作り方

sponserd
 彼と過ごす夜…甘いムードになり、ふたりの距離が近づいて、やがて重なり合い、彼の顔がだんだん下の方に移動してきて…。  これから訪れるであろう濃厚なアソコへの愛撫に胸が高鳴りますよね。 ラブラブなカップル 彼の愛をもっとも感じられるオーラルセックス。  でも、「じらされたけど、ついに彼の舌がアソコに…」、そう期待感が高まった瞬間、なぜかアソコを舐めずに違うところへ。「えっ、舐めてくれないの…」なんて経験をしたこともあるでしょう。本当はじっくり舐めてほしいのに……。  満たされない欲求を抱えたまま彼を受け入れても、気持ちよさは半減。「彼は毎回オーラルを求めてくるのに、自分はしないなんてズルい!」「舐めてくれないと、イキにくいのに…」なんて、物足りなさを感じてしまいますよね。  普段はすごくラブラブでエッチもいっぱいするのに、オーラルをしない彼の中途半端な前戯に、どうしても満足できない女性は少なくないようです。 なんでオーラルしてくれないの

8割以上の男性が「オーラルが好き」なのに、してくれない本当の理由

 多くの男性はオーラルが嫌いなのかと思いきや、LCラブコスメが男性を対象に行ったアンケートでは、なんと8割以上もの男性が「オーラルが好き」と回答しているそう。 「恥ずかしがっている姿に興奮する」「彼女が気持ちよくなっているのを見ると嬉しい」など、大好きな彼女とのラブタイムを盛り上げるのに欠かせない行為の様子。 ベッドタイム ところが、そんな大好きなオーラルを思わず避けてしまうのには、男性なりの理由があったのです。  同じくLCラブコスメが行った調査「男性がオーラルを避ける理由」のランキングによると、「女性のアソコのニオイが苦手」との回答が第1位! なんと71.3%もの男性が「デリケートゾーンのニオイが気になる」と回答しているのです。 「シャワーを浴びたあとなのにアソコからチーズのようなニオイがした」「ムワッとしたニオイに引いた」など、舐めたくて顔を近づけたとたん鼻を衝くアソコのニオイに、それまでのテンションが一気に下がってしまったとのこと。 デリケートゾーンのニオイが気になる しかも、「あまりのニオイに彼女には言えなかった」と、我慢している男性が大半。その結果、オーラルを避けてしまっていたようです。LCラブコスメのアンケートによると、「女性のアソコを臭いと感じたのに、我慢して舐めたことがありますか」という問いに対し、なんと4人に3人もの男性が「ある」と回答しています。  その結果、本当はしたいけど舌での愛撫を避けてしまっていたようです。  本心では「アソコを舐めたい」「オーラルで感じている姿を見たい」と思っている彼。女性だって彼の舌で思いっきり感じたい。  それが、アソコのニオイが原因で、お互いの愛情を感じあえるオーラルセックスに隔たりができているならもったいないですよね。  ファッションやメイク、セクシーな下着でムードを盛り上げようとする努力以上に、日頃からデリケートゾーンのニオイケアもしっかりしておきたいです。 男性の本音をもっと見る

あんなに嫌がっていたオーラルを、彼からしてくれるように!

 女性のデリケートゾーン周辺の構造は複雑で、特殊なタンパク汚れが残りやすく、蒸れて雑菌が繁殖しやすい部位。さらに、おりものや生理などニオイの元となる分泌物があるうえ、雑菌に対して自己防衛するために、酸性の成分を含んでいます。そのため、常にケアしておかないとすぐにニオイがきつくなってしまいます。  でも、ニオイが気になって、洗いすぎるのもNG! 洗浄力の強いボディソープを使ったり、ボディタオルなどでゴシゴシと強く洗ってしまうと、必要な菌や潤いまでも取り除いて、余計にニオイをきつくしてしまうことも。また洗い過ぎるのは、ニオイだけではなく、摩擦による黒ずみの原因にもなって、見た目の印象も変わってしまう可能性があります。 デリケートゾーンケア ニオイの心配がないアソコを手にするためには、正しいニオイケアが大切。実際に、デリケートゾーンのニオイケアを行っている女性たちは、彼とのエッチも劇的に変化したようです。 ●「アソコがおいしいね…」と言ってくれたんです! 「私は以前からデリケートゾーンの臭いに悩んでいました。セックスの時彼に『臭いが気になる』と言われショックを受けていたところ、ネットでたまたまデリケートゾーンのケアアイテムがヒットし、それを購入したんです。  本当に実感があるのか半信半疑で数週間使用していました。するとセックスの時に彼が『アソコがおいしいね…いつまでも舐めていたい!』と言ってくれたんです! 彼はそれから、あんなに嫌がっていたオーラルを自分からしてくれるようになりました。セックスの回数も増え、自信が持てました!」(RIEさん/25歳/会社員) ●アソコを何度も愛してくれました 「以前、彼にクンニしてもらったときに、『ニオイがちょっと……』と言われたことがありました。それからケアを始めて、3日後にエッチすることに。  彼に確認すると『クサくない!!』と、私のアソコを何度も愛してくれました。本当に嬉しかったです」(みやびさん/26歳/会社員) ●舐め合う時間が長くなった 「付き合って4年以上経つのに、まだまだラブラブで、いつもたっぷり愛し合ってます。お互いを舐め合うのが大好きなのですが、アソコのニオイが気になってエッチに集中できないことも。そこでケアを始めました。そうしたら、舐め合う時間が長くなったような気がします。  しかも、最近彼がよく『キレイな体してる』と言ってくれ、『最高だ』『絶対に離さない』って、体中を舐めまわされてます」(Rinさん/33歳/無職) みんなのドキドキ体験談

「LCジャムウ・ハーバルソープ」を使った、デリケートゾーンの正しいケア

 彼との濃密なラブタイムでたっぷりオーラルを味わった彼女たちが、デリケートゾーンのニオイケアに使用していたのは『LCジャムウ・ハーバルソープ』。 LCジャムウ・ハーバルソープ インドネシアの女性の間で長年継承されてきた知恵の結晶である「ジャムウ」ハーブ。そこにヒントを得たLCラブコスメが、日本人の肌質に合う成分を調合して独自に開発した「デリケートゾーン用石鹸」です。  天然のトリートメントと言われるパーム油をベースに、肌を清潔に保つ“アロエ”や“オタネニンジン”など、インドネシアの伝統的なハーブを調合しています。保存料や安定剤は一切使用していないので、初めてデリケートゾーン用のケアを始める方も、安心して使用できます。 ジャムウハーバルソープ成分の秘密 ケア方法はとっても簡単! 入浴時、泡立てネットなどでしっかりと泡立てた『LCジャムウ・ハーバルソープ』をデリケートゾーンに乗せ、3分パックするだけ。密度が高く密着力のある泡が、ニオイの元をサッパリと洗い流してくれます。  さらに、気になるニオイが洗い流されるだけではなく、同時に黒ずみの汚れまで落としてくれるので、見た目の清潔感にも自信が持てるように。ニオイや黒ずみが気になるワキ、胸、乳首、脚、顔など全身にも使えるので、デリケートゾーン以外の悩みもトータルでケアしてくれます。 『LCジャムウ・ハーバルソープ』を開発したLCラブコスメは、女性だけで運営しているセクシャルヘルスケアの専門ブランド。恋する女性ならではの悩みを解決してくれるアイテムが豊富に揃っています。「ラブコスメ」で検索すれば、これまで誰にも相談できずにいた悩みが解決できるかもしれませんよ。  彼の熱い舌でじっくりアソコを舐めてもらうと、快感だけではなく「愛されている」ことを実感できて、幸福感に満たされます。その気持ちの解放が、オーガズムを迎えやすくもしてくれるのです。  今まであまり舌攻めしてくれなかった彼も、思わず舐めたくなるくらい美味しいアソコが作れる、『LCジャムウ・ハーバルソープ』。  オーラルは女性のオーガズムにとっても大切な前戯。2人で一緒に昇りつめる最高のオーガズムを感じるためにも、今日から正しいデリケートゾーンのニオイケアを始めてみませんか? ジャムウハーバルソープ詳しくはコチラ<関連記事> 気持ち良すぎてぐったり…中イキ&外イキでトロける絶頂テク7選 「何度も求められるオンナ」の秘密は、エッチテクではなく●●だった! 女性のための官能レシピ~夜のラブテクからH漫画まで~【女子SPA!×LCラブコスメ】 <TEXT/千葉こころ 提供/LCラブコスメ>
千葉こころ
ビールと映画とMr.Childrenをこよなく愛し、何事も楽しむことをモットーに徒然滑走中。恋愛や不倫に関する取材ではいつしか真剣相談になっていることも多い、人生経験だけは豊富なアラフォーフリーライター。




あなたにおすすめ