♂&♀
Love

セックスに愛情や承認を求めるな!世の中をもっと低く見積もろう

湯山玲子×森林原人 セックス対談 Vol.1】

「セックスは愛のための行為」と聞いて、違和感を持つ人はそうそういないでしょう。でも、こうしてセックスの意味を限定することでセックスに縛られている、と説くのは、女子SPA!での連載「性活相談」をまとめた『イケるSEX』を上梓したAV男優・森林原人さん。

 著述家で、テレビのコメンテーターとしても活躍する湯山玲子さんもまた同様の考えを持ち、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(AV監督・二村ヒトシさんとの共著)の中で、「日本人はオーガズムに幻想を持ち過ぎず、セックスを過大評価しない方がいい」と説いています。

湯山玲子さん(左)と森林原人さん

湯山玲子さん(左)と森林原人さん

 そんなお二人が考える、セックスとのうまい付き合い方とは?

セックスで自分の価値は決まらない



――森林さんは著書『イケるSEX』の中で、本来、愛情と性欲は別モノなのに、セックスを“愛情の証”だとロマンチックに考えすぎることが、女性をかえって苦しめている、と書かれていますね。

湯山:森林さんが言う「性を軽くする」「セックスに意味を込めない」っていうのに、私も大賛成なんです。セックスはとかくよけいな「思い入れ」というものがついてまわる。ロマンチックラブの結果としてのセックスが多くの人にとって理想なのだから、いたしかたないのですが。セックスはセックスとして、目の前の対象とのセッションに集中すればおもしろいと思うんだけど。

湯山さん_1森林:そうですよね。とはいえ、自分への愛情をセックスで計ったり、自己承認の手段にセックスを使ったりしてしまう女性は多いんです。

湯山:セックスとは、相手のことをもっと知りたいという非言語的なコミュニケーションであり、エネルギーの交換。相手の人肌に触れたい、いつもと違う顔が見たい、ひとつになりたいという欲求だ、と私は思っています。それを恋愛や愛情と呼ぶ人もいるかもしれないけど、私は違うと思ってるんだよね。言葉でのコミュニケーションが得意な私が、言葉によらないコミュニケーションを求めるという意味では、すごく遊戯的とも言える。

森林:でも、セックスと恋愛感情を切り離して考えられない女性の中には、彼が風俗やAVで抜いていることに嫉妬したり、彼が中折れすると自分の魅力不足なのかと落ち込んでしまったりする人は多くて、僕の悩み相談にもそういう悩みがたくさん寄せられます。

森林さん_1湯山:そういう女の子たちは、みんな男に女として見られる自分、すなわち“欲情される自分”に自尊心を置きすぎている。私なんか、小学生までは男子の人気を一手に集めていたのに、中学校に入った途端、かわいくて女の子らしくてちょっとバカ、みたいな子に周りの男子の人気が集中するのを目の当たりにして、ああ、私みたいな女は“男から欲情される女”としては一生勝ち目がないんだな、と思い知らされた。でも、それで自分を否定する必要なんかなくて、自尊心を違うフィールドに置けばいいんですよ

森林:そういう意味では、男にも問題がありますよね。自分より弱くてバカな子の方が可愛いいとか、自分が支配できなさそうな子には自己防衛のため手を出さないという男が多い。

湯山:弱くなることと、弱そうに見せることは別。自分の足でしっかりと立ちながら、テクニックとして弱そうに見せればいいんですよ。事実、その手口はファッションで実証済みで、高校生の時、当時のキレイなお姉さんファッションであるニュートラにしたら、急にモテはじめた。なんだ、そんなもんかと思ったよね。

次のページ 
世の中をもっと低く見積もるべき

1
2
3
4
イケるSEX

「おもしろい」「気持ちが軽くなりました」「感動しました」の声多数!
「女子SPA! 」の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が待望の書籍化! 経験人数8,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

「セックスは面倒くさい」の背景に何があるのか? セックスは、もはや贅沢品だ―。急変する“性意識”の中で“気持ちいい人生”を諦めない方法を大胆に真摯に語りつくす!

あなたにおすすめ