♂&♀
Love

友達とのワンナイトだってアリ!“愛情と性欲は別”を自覚せよ

湯山玲子×森林原人 セックス対談 Vol.2】

「セックスは愛のための行為」と聞いて、違和感を持つ人はそうそういないでしょう。でも、こうしてセックスの意味を限定することでセックスに縛られている、と説くのは、女子SPA!での連載「性活相談」をまとめた『イケるSEX』を上梓したAV男優・森林原人さん。

 著述家で、テレビのコメンテーターとしても活躍する湯山玲子さんもまた同様の考えを持ち、『日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない』(AV監督・二村ヒトシさんとの共著)の中で、「日本人はオーガズムに幻想を持ち過ぎず、セックスを過大評価しない方がいい」と説いています。

湯山玲子さん(左)と森林原人さん

湯山玲子さん(左)と森林原人さん

 そんなお二人が考える、セックスとのうまい付き合い方とは?

“セックスは家庭の外で”がみんなの本音?



――森林さんの著書『イケるSEX』の中には、結婚して子供ができて以降、「家族とセックスするなんて(気持ち悪い)」とセックスを断られるようになった旦那さんのエピソードがありました。「結婚してからパートナーに性欲を向けられなくなった」という悩みは非常によく聞きますが、これってどうにかならないのでしょうか?

森林:僕はこれって、“恋愛結婚こそが至上である”という価値観にみんなが縛られすぎているからじゃないかと思っていて。国にとっては、結婚制度の中に恋愛やセックスを押し込めておいたほうが、イエ制度や家父長制を守っていくために都合がいいんでしょうね。

 でも、そのせいで当事者が苦しむくらいなら、愛情と性欲は制度とは別モノだということを自覚して、結婚という枠組みにセックスを詰め込まず、いっそ夫婦は外にセフレを作ればいいと思うんですけど、なかなか受け入れてもらえないですね。

湯山さんと森林さん湯山:そんな森林さんにぜひ読んでいただきたいのが、村田沙耶香さんの『消滅世界』という小説。夫婦間でセックスするのは近親相姦みたいで気持ち悪い、という感覚が人々の間で当たり前となり、恋愛したいなら外で不倫すればOKという世界を描いているんです。

 それでも、絆や居場所として結婚や家族という制度だけは手放さないで残るんだよね。パートナーシップは結婚制度で守られ、ロマンチック・ラブは不倫で満たす。これって実は、多くの現代人の本音であり、理想なんじゃないかな。

森林:お互い合意の上で、恋愛やセックスは外でやると決めてしまったほうが、家庭に戻ったときパートナーに優しくできて、かえって円満に行く気がするんですけどね。

湯山:夫婦間で隠しごとはダメ、というのは私自身は好きじゃないんですよね。家族というのは安定した共同経営を目指すものだから、わざわざ波風を立てるべくもない。すべてをわかってもらおうと馬鹿正直になんでも言っちゃうのは子供のすること。お互いに嘘をキープする強さを持っているのが大人ですよ

湯山さんと森林さん_2森林:なるほど。打ち明けて楽になるのは打ち明けた側だけだったりしますもんね。問題は、男は風俗に行くという手段もあるけど、女の人は安全な相手を見つけるハードルが高いこと。僕は、お互いが家庭を壊さないよう同じように気を配れるから既婚者同士で恋愛すればいいと思うんですけど、世間ではW不倫なんていったらそれこそ大バッシングされてしまって無理ですよね……。

湯山:昨年のベッキーの不倫騒動以後、恋愛はベッキーに殺されたわけですよ。正確には、ベッキーをバッシングする世間に殺されたんだけど。恋愛感情なんて倫理や道徳を超えていくものなのに、恋心が既婚者に向いたら袋叩きにあって罰せられるって、恐ろしいことだよ。

 恋心を抱いたらその正当性を世間にジャッジされ、性欲を向けただけで「セックスの対象に貶められた」と告発される。こんな世の中じゃ、たしかに恋愛なんて怖くてできないでしょうね。

次のページ 
恋愛の正体は性欲であることに素直になろう

1
2
3
4
イケるSEX

「おもしろい」「気持ちが軽くなりました」「感動しました」の声多数!
「女子SPA! 」の人気連載「AV男優・森林原人の性活相談」が待望の書籍化! 経験人数8,000人超のトップ男優である森林原人が、セックスに悩める一般女性の質問に愛をもって答える。

日本人はもうセックスしなくなるのかもしれない

「セックスは面倒くさい」の背景に何があるのか? セックスは、もはや贅沢品だ―。急変する“性意識”の中で“気持ちいい人生”を諦めない方法を大胆に真摯に語りつくす!

あなたにおすすめ