Job&Money
Lifestyle

てるみくらぶ破産で考える、格安旅を自分でつくる5ヶ条

 こんにちは。ファイナンシャルプランナーの風呂内亜矢です。

 2017年4月9日まで、エアアジアが成田⇔バリ“直行便就航記念”キャンペーン(片道9900円~)を実施しているため、LCCの予約にチャレンジしてみました。そんな矢先、格安旅行会社てるみくらぶ倒産の報道が。

バリ島 旅行業界で働く友人や、旅行経験の多い友人にもヒアリングをしてみました。

てるみくらぶの破産は、消費者には予想できなかった



 てるみくらぶについて、旅行業界で仕事をしている友人に尋ねたところ、事前に一般消費者が察知するのは、難しかったのではないかという見解でした。早めの予約で安くなるプランは通常でも考えられるし、取引の多さからもほぼ大手という印象のある会社だったため、格安だから怪しかった、とは言いづらいとのこと。

 しいていうなら、旅行代金支払い期日よりも早くに現金一括払いを促していた点は、不審の兆候ととれた「かも」というのが正直なところだそうです。

てるみくらぶ

てるみくらぶのサイト

 報道されているように、てるみくらぶはJATA(一般社団法人日本旅行業協会)に所属していて、弁済業務保証金制度を利用できる可能性があります。今回のケースでは旅行代金の1%程度の保証になるとされています。被害に遭われた方は申請をご検討ください。

 なお、通常、旅行会社はJATA(一般社団法人日本旅行業協会)かANTA(一般社団法人全国旅行業協会)に所属していて、それぞれ同様の制度を備えています。

クレジットカード払いの場合、支払停止にしてくれるケースも



 また、Twitter上では被害者の方の対応や経緯が多く投稿されています。

 旅行代金をクレジットカード払いにしているケースでは、カード会社に連絡をすることで支払停止等の抗弁手続きに成功しているケースもあるようです。

 カード会社によって対応が異なること、事態が進展したことで当初の回答から変化して対応してもらえたケース、カード引き落とし後でも対応を検討してもらえたケースなども見られます。

 諦めず根気強く冷静に相談を続けることも、重要と考えられます。

 予約をされていた方や、旅先で不安な環境下におかれた方のことを考えると胸が痛みます。少しでも被害が救済されることを願ってやみません。

 てるみくらぶの例は非常事態として、通常のケースでお得に旅行に出かけるためのポイントも考えてみます。

次のページ 
旅行上手がやっている「安く旅する」*ケ条

1
2

お知らせ

■(出演)スズキ presents ニコニコ生活講座
season3 #1(4/19水 21:00~)
知らなきゃ損する「給与明細の読み方」
http://live.nicovideo.jp/watch/lv292096370
■(出演)日経CNBC夜エクスプレス<マネーコーナー>
楽々できる!節約の新しいルール
4/26水21:00~
http://www.nikkei-cnbc.co.jp/information/60231

あなたにおすすめ