Lifestyle

美容師がイラつく女性客6種。ドライヤーで乾かさない人はニオう!

 髪型を変えるのはもちろん、気分までリフレッシュさせてくれる美容院でのひととき。ましてや美容師がイケメンともなると、「通うのが待ち遠しい!」なんて人もいるのでは?

男性美容師と女性客

写真はイメージです

 でも、アナタのちょっとした行動が美容師さんの優しい笑顔を引きつらせていることも……。そこで今回は、現役美容師に聞いた“こんな客は無理! 美容師をイラつかせる女性の行動”を6つご紹介します。

1. パーカーを着てくる



 美容師さんにとって一番取り扱いにくい服がパーカー。ケープの中にしまっても、ゴワゴワしてしまうから、とにかく施術しづらいのだそう。

 美容院に行くからといって張り切った格好も、避けたほうがベター。美容師さんは、お客さんの普段の格好や雰囲気に合わせて、髪型を提案してくれるものなのです。

 ちなみに、男性美容師としてはNGというわけでもなさそうですが、胸が大きく開いた服を着ている人は、後ろに立つ美容師さん側からはおっぱいが見えるそう。さらにスカートで足を開こうものなら、鏡越しにパンツがチラリ。

 美容院へ行く服装は、少し考えたほうがよさそうです。

パーカー

写真はイメージです

2. 普段ドライヤーで乾かさない人



 美容師とて人間……汚いものには触りたくないものです。

「美容院に行くからシャンプーしなくていいや!」というアナタ、1日シャンプーしていないだけでも、美容師は違いが分かります。

 また、普段ドライヤーで乾かしていない人も要注意。頭皮が生乾きの洗濯物のような状態になり、雑菌が繁殖して頭が臭うのだそう。普段の生活まで、実は見抜かれているんです。

3. 時間を守らない



 予約制サロンでは、時間厳守が原則。時間にルーズなお客さんは、美容師にとても嫌がられます。次の予約のお客さんに影響が出てしまうし、その遅れのためにその日1日の予約がすべてズレ込んでしまう可能性もあるからです。

シャンプー台

写真はイメージです

 遅刻しておいて「○○分には出たいんだけど…」なんてワガママを言えば、美容師さんは心の中できっと舌打ちしているはず。

 少しでも遅れてしまいそうなときは、前もって電話をするのがマナー。同じく当日キャンセルもあまり好ましくありません、たて続けにドタキャンなどしようものなら、出禁になっても仕方ないでしょう。

次のページ 
人生相談をするのはいいけど盛り上がりすぎて…

1
2
あなたにおすすめ