Lifestyle

ギャーッ、部屋にハトがびっしり!隣人のせいで 「部屋がフンだらけ」OLの怒り

 憧れの持ちマンション。でも、大きな買い物だけに、上手く行かなかった時のショックは大きいようです。

 念願のマンションを購入したものの、ご近所トラブルが理由で引っ越しを考えるほど悩んでいる女性に話を聞いてみました。

シャビーシック

シングルライフを満喫するために購入した“私のお城”



「何のために高いお金を払って終(つい)の棲家を購入したのか……もう本当に悔しくてたまりません」

 そう話してくれたのは、埼玉県の分譲マンションで暮らしている独身OL・M美さん(35歳)。33歳の時に思いきってマンションを購入し、シングルライフを満喫していました。

「インテリアコーディネーターにお願いして、内装もかなり凝りました。シャビーシック風のエレガントなイメージで、白を基調にした私のお城。それがまさか、隣の家のせいでこの生活が崩されてしまうとは……」

老婦人の入院で隣のベランダがジャングルに



 M美さんの隣に住んでいたのは、70歳くらいの老婦人、Cさん。数年前に旦那さんが他界し、一人で暮らしでした。

「ガーデニングが趣味らしく、Cさんのベランダにはいつも緑が生い茂っていました。トマトをおすそ分けしてくださったこともありますよ。ほんと、去年までは何も問題なかったんです。Cさんが突然倒れて入院されるまでは……」

家庭菜園トマト 持病があったらしいCさんは、ベランダで突然倒れて救急車で運ばれ、そのまま入院を余儀なくされたそうです。その間にCさんの家のベランダは荒れ放題。洗濯物を干す時に見ると、まったく手入れされていない植物がジャングルのように生い茂っていたとか。

「正直、不気味でしたね。たまたま雨も多い時期だったせいか、水をあげてないのに植物がグングン育ってました。そして、ある日気づいたんです。ドゥードゥードゥッドゥーという鳴き声に……。そう、鳩がCさんのベランダに卵を産んで、子どもを育てていたんです。まあ、その時はそこまで神経質になってはなかったんですが……」

フンや羽でベランダに洗濯ものを干すことができず



 鳩が卵を産み子どもを育て、それらも巣立ったくらいのタイミングでのこと。Cさんのベランダの野菜が食べごろを迎え、それ目当てにベランダ育ちの鳩たちが戻ってくるようになってしまったのです!

「そして、その子どもだった鳩たちがまた卵を産み育て……気が付いたら、Cさんのベランダは20羽近くの鳩に占領されていたのです。当然、隣である私に被害がないわけがなく、フンやら羽やらでベランダに洗濯ものを干すことができなくなりました」

ドバト さらに、Cさんの敷地では手狭になったのかM美さんのベランダでも鳩が巣作りを始めました。タイミング悪く、その時期にM美さんは1カ月の海外出張に出かけていました。長期にわたり留守にしたことで、M美さんのベランダも見るも無残な鳩のホームグラウンドになってしまっていたのです。

「カーテンを開けた瞬間、叫んじゃいましたよ。ベランダの手すりにスキマなくズラっと鳩が並んでとまっていて……ゾッとしました。窓越しにCさんのベランダを見ると、前以上の数の鳩が集まっていたように見えました」

 さすがにマンションの管理会社に苦情を言ったそうですが、当のCさんが入院中で意思確認ができないため勝手な駆除はできないとのこと。M美さんも駆除会社に高いお金を払って依頼したのに、まったく効果がなく鳩はのさばり続けるという事態に……。

次のページ 
大惨事!鳩の乱入でお気に入りの家具がフンと羽だらけに

1
2




あなたにおすすめ