Entertainment

TOKIO激似のバックコーラスも一緒!城島茂そっくり女性歌手“島茂子”登場

ジャニヲタ歴20年・みきーるのJ-ウォッチ

“男の娘”(おとこのこ)という存在が認知されるようになって、すでに久しくなりました。

 男性でありながら女の子のナリをした人のことですが、ここへ来て私たちは新たな男の娘、いや、“男の女性”(おとこのひと)ともいうべき人物を迎えることになった模様。

TOKIO城島茂「島茂子」 そのひとの名は“島茂子”(しま しげこ)。

ジャニーズの男の女性(おとこのひと)!?島茂子登場!



 なぜかTOKIOの城島茂さんにとてもよく似た彼女は、ムード歌謡「女の坂道」を引っさげて、月末にリサイタルを開催するとのこと。

 すでに発表されたビジュアルで茂子さんは、マダムブルーのロングドレスに身を包み、これまたTOKIOの長瀬智也さん、国分太一さん、山口達也さん、松岡昌宏さんによく似たバックコーラス“ザ・ソイラテズ”を従えて、たおやかに微笑んでいます。

“茂子”といえば、かつて城島さんが「ザ!鉄腕!DASH!!」の人気コーナー「茂子の節約家族」で、貧しいながら知恵をしぼって暮らしを豊かにするお母さん・茂子を演じていましたが、島茂子さんは、この“茂子”なのでしょうか?

“茂子”が醸すのは昭和の女の優しさ、そして強さ



 同一人物にしろ、そうでないにしろ、ふたりの“茂子”が醸(かも)すのは昭和の女の優しさ、そして強さであるように思います。

 島茂子さんが歌う「女の坂道」では、都会に暮らしながらもそのスピード感や世知辛さに打ちのめされる女の姿が見てとれます。

 1日の疲れをソイラテで癒やし、若い者のSNS祭りにイラ立ちつつ、つぶやくより叫びたいと思ってしまう。さらに、ホームまで地中深く降りねばならぬ大江戸線を前にして、ヒールの心配より、その遠さに萎えて心が折れる――。

 東京に住むアラフォー以上の女の心情が、これでもかとつまびらかにされています。

 そうそう、なんだかんだと張り切っても、本当はみんな茂子さんのように弱音を吐きたかったのです。

 たとえ年を重ねても、見た目も振る舞いも若くなくては許されない風潮に、「ええんやで、ええんやで」と言ってくれそうな茂子さん。美魔女ブームにぬりつぶされた息苦しい大人界を、スカッとラクにしてくれそうです。

 くだんの島茂子リサイタルは、8月31日(木)に池袋サンシャインシティで開催されるそう。肩肘張らない美しさにあやかるべく、ぜひ会いに行きたいものです。

<TEXT/みきーる ILLUSTRATION/二平瑞樹>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【みきーる】みきーる著書に『ジャニヲタあるある』(アスペクト)『ジャニ活を100倍楽しむ本!』他。Twitterアカウント:@mikiru公式ブログ『俯瞰! ジャニヲタ百景』

【島茂子「女の坂道」発売記念リサイタル】
8月31日(木)18時~池袋サンシャインシティ噴水広場。
※「女の坂道」は、TOKIOのニューシングル「クモ」に収録。
※整理券付きのCD発売は、当日10時~同会場、特設CD売り場にて。

ジャニ活を100倍楽しむ本!

ジャニヲタ活動で凹んだときに効くさまざまな処方箋を紹介。「なかでも一番好きなのは誰?」と聞かれる“事務所担あるある"への回答も明かしていますのでぜひご覧ください☆


あなたにおすすめ