Gourmet

野菜が高い今「生パプリカ」作りおきサラダを!美肌コスパがスゴい

ラクうま美人ごはん vol.10】  美肌づくりに都合の良し。 パプリカ1 美白のビタミンと言えば、「ビタミンC」。この栄養素、野菜やジュースなどで手軽に摂取できると思いきや、実は「加熱」や「光」に弱く、劣化しやすいってご存知でしょうか? つまり、市販の加熱殺菌された100%ジュースや野菜スープ、野菜炒めなどには多くを期待できないということ! うーん、どうにかしてカンタンに摂取できないものでしょうか?  その答は「パプリカ」にあり! そうです今回は、「パプリカを生で食べてキレイを目指すカンタン調理法」をご紹介したいと思います。

パプリカはビタミンCの王様!3食混ぜて食べるべし!

パプリカ2 そもそも緑のピーマンにもビタミンCは豊富で、レモン(果汁)の1.5倍も含まれていますが、それ以上なのがパプリカ。野菜の中でも特に秀でた含有量を誇っています。 【可食部100gあたりのビタミンCの量】 ・赤ピーマン(生)170mg(レモンの3.4倍) ・黄ピーマン(生)150mg(レモンの3倍) ・青ピーマン(生)76mg ※緑ピーマンのこと ・ブロッコリー(生)120mg ・ブロッコリー(ゆで)54mg ・レモン(果汁)50mg (文部科学省食品成分データベースより)  しかもパプリカは、未成熟の緑ピーマンとは違ってしっかり完熟しているため、生でおいしく食べられるというのが最大の魅力。つまり、食べ方としてはシンプルで、適当な大きさ・太さに千切りにすればOKなんです。ちなみに、ピーマンに含まれるビタミンCは加熱に強いと言われますが、少しでもロスを防ぎたいので、「生」にこだわりましょう。 パプリカ せん切り 色の選び方ですが、赤・黄・オレンジによってアンチエイジング(β-カロテン、ビタミンE、カプサンチン)や目の健康に関わる栄養素(ルテイン)の含有量が変わってくるため、3色を混ぜて食べれば、それぞれの強みをしっかり享受することができます。  そしてこれをどうやって味付けするか? ですが、ポイントは1つだけ。β-カロテンなどの吸収量を高めるために、「オイルを加えること」。ここではオリーブオイルを加え、ポン酢とかつお節でシンプルに和えてみました。 ※1人分の分量 ・赤、黄、オレンジパプリカ 各1/4個 ・オリーブオイル 大さじ1 ・ポン酢 大さじ1/2 ・かつお節 お好み量
パプリカのオイルとポン酢とかつお節和え

パプリカを切って、オイルとポン酢とかつお節で和えるだけ! 超カンタン!

 はい、できました! パプリカの和えもの 毎日作るのが面倒な場合は、例えばパプリカを各1個ずつ使えば4日分になりますから、まとめて作り置きするのも良いでしょう。(作りたての方がビタミンCは壊れにくい。また、4日を超える日持ちはオススメできず。)  余談ですが、パプリカは安いと1個100円程度。3色のパプリカを1個ずつで4日分にすると、1日あたり約80円で作れることに。カット野菜を買うよりもリーズナブルだと考えることもできるでしょう。  最後に美容度を高める食べ合わせですが、ビタミンCは美白効果以外に「コラーゲンの生成を助ける働き」もありますから、コラーゲンの材料となる「タンパク質」をしっかり食べることをお忘れなく! パプリカの和えもの 盛り付け<TEXT,PHOTO/スギアカツキ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【スギ アカツキ】 長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、独自で長寿食・健康食を研究し、各メディアで活躍中。Twitterは@akatsukinohana
スギアカツキ
食文化研究家、長寿美容食研究家。東京大学農学部卒業後、同大学院医学系研究科に進学。基礎医学、栄養学、発酵学、微生物学などを学ぶ。現在、世界中の食文化を研究しながら、各メディアで活躍している。女子SPA!連載から生まれた海外向け電子書籍『Healthy Japanese Home Cooking』(英語版)好評発売中。著書『やせるパスタ31皿』(日本実業出版社)が11月15日に発売。Instagram:@sugiakatsuki/Twitter:@sugiakatsuki12




あなたにおすすめ