Entertainment

宮迫博之「24時間テレビ」出演、番組の高視聴率で“みそぎ”は完了?

 8月26日から27日まで日本テレビ系列で放送された『24時間テレビ 愛は地球を救う』。今年で第40回目を数えた夏の恒例行事は、例年以上の高視聴率でかなりの盛り上がりを見せた模様です。

24時間テレビ

日本テレビ「24時間テレビ」公式サイトより http://www.ntv.co.jp/24h/

 そんな中で密かに話題になっていたのが、不倫報道で世間を賑わした直後の宮迫博之。

 スペシャルサポーターとして番組出演が発表された後に、美人美容ライター女性とタレント女性の計2名と不倫関係にあったと週刊誌で報じられ大炎上してしまったのです。一時は降板のウワサもありましたが、当日は無事にその姿を武道館で確認することができました。

不倫についてイジられ放題。涙目になるシーンも



 とはいえ、この24時間テレビの放送中は、ハッキリ言って宮迫博之はイジられ放題でした。

 深夜の「おしゃべり007」では、登場と同時に「黒迫オフホワイト」と紹介されて「ダークグレー迫じゃ!」と叫んだり、梅沢富美男が19歳の藤田ニコルを食事に誘ったという話から「宮迫さんのお相手は19歳ではなかったようで」と、流れ弾。「そういう話はしないと聞いてたぞ!!」と、周囲からの想定外の口撃に辟易(へきえき)していました。

 また、作詞家・阿久悠の曲を芸能人たちがメドレーで歌うコーナーでは、尾崎紀世彦の「また逢う日まで」を熱唱。この歌詞がまた、不倫報道直後の宮迫博之にとってはかなり意味深な歌詞だとネットでも話題に。歌唱後には謝罪の言葉を口にし、深々とお辞儀をしていました。


 放送終了後、生放送の「行列のできる法律相談所」に出演した宮迫博之は、出演していいのか悩んだと告白して涙目に。「こんな状態の僕を出させていただいて……」と番組への感謝の気持ちも述べていました。そしてネットニュースを逐一チェックし、応援の言葉を確認して「カメラが回っていないところでめっちゃ泣いてた」とも……。

高視聴率の「24時間テレビ」で宮迫の禊は完了?



 24時間テレビの終了後も、ネット上では未だ宮迫博之の一挙手一投足に批判の声が挙がっています。

 例えば、ピン芸人・アキラ100%の父親との実話エピソードのVTR放送時、VTRを見ていた中堅芸人たちが感動の涙を流していたのですが、宮迫博之についてはネット上で「ウソ泣き」「しらじらしくて映してほしくなかった」「狙ってる感」など批判の声が殺到! さすがにそこまで言われては可哀そうな気がしなくもないですが、不倫騒動の余波がネットに限っては大きかったようです。

 しかしフタを開けてみれば、今回の24時間テレビは平均視聴率18.6%で歴代2位の高視聴率だったことも確か。

 数多くの視聴者にとっては、宮迫が出演するか否かも事前の興味の対象になり、不倫イジリも番組の趣向のひとつとして、かえって盛り上げ材料のひとつになったようで……ある意味、この出演が彼の禊(みそぎ)になったとも考えられるのではないでしょうか。

<TEXT/もちづき千代子>
⇒この記者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

あなたにおすすめ