♂&♀

横向きに寝るといいことだらけ!性交痛にもおすすめ

 みなさんは妊娠期間中、パートナーとセックスしていましたか? ラブリサーチで行ったアンケート『挿入で「痛い」と感じることはありますか?』では、70.6%の女性が「痛みを感じたことがある」と回答しました。セックスは時に痛みを伴います。それが妊娠中ともなればなおのこと「挿入するのがこわい」と考えてしまいますよね。 横向きに寝るといいことだらけ!性交痛にもおすすめ=============== Q. 挿入で「痛い」と感じることはありますか? ・はい(284名) ・いいえ(118名) 回答時期:2016.12.22~2017.01.14 総回答数:402名が回答 ===============  そんな妊娠中のお悩みは「シムズの体位(シムスの体位)」で解決できるかもしれません。19世紀にアメリカの産婦人科医が、妊婦さんがより快適な妊娠生活を送れるように提唱した体位のことです。  女性は妊娠中、ホルモンバランスの変化などから、心身ともに様々な体の変化を感じます。妊娠前より疲れやすくなったり、イライラしやすくなったりなどもその一例です。お腹が大きくなってくると、普通に横になったり寝るだけでも一苦労、という人もいます。就寝時に息苦しくて何度も目が覚めてしまう、という妊婦さんの声も、よく耳にします。  今回お話しするシムス体位を実践することで、パートナーとのスキンシップだけでなく、就寝時の寝付きの悪さやむくみやすさ、寝苦しさなどを改善することができるでしょう。

シムス体位の方法は?

 シムス体位の取り方はとても簡単です。体の左側を下にして横向きで寝ます。本来は、直腸検査をするときや、昏睡状態の人や麻酔をかけた人などの気道を確保する時に用いられていたリラックスの体位なのですが、お腹のせり出した妊婦さんの体にとても有効だということがわかり、応用されるようになりました。妊婦さんだけではなく、ホルモンバランスの乱れが体調に直結する女性は、シムス体位は非常におすすめです。  まず、左側を横にして、下にある左足はできるだけまっすぐ伸ばします。右足は、足の付け根の方から曲げて、膝も曲げた状態にします。曲げた膝はベッドの上に置くと楽かもしれません。お腹が目立つ人なら、お腹にできるだけ負担がかからない程度に、少しうつ伏せ気味に体をかぶせます。  体勢が辛い時は、体の下側に枕やクッションを敷いて微調整すると良いでしょう。左側を下にして抱き枕を抱えるような感覚を持つと、イメージしやすいかもしれません。掛け布団を下に敷いてみると安定しやすくなります。 Point:リラックスしやすい体位。お腹の大きい妊婦さんも取りやすい姿勢です。

シムス体位のメリット

●血液循環が良くなる  妊娠中の方なら、特に妊娠中期以降は胎児や羊水の重みで子宮周辺の血管が圧迫されて血流が滞ってしまったり、そのため、めまいや低血圧を起こしてしまうことがあります。妊婦ではない人でも、うつ伏せなどの体に負担がかかる姿勢が癖になっている人は、骨盤周辺の血流が滞りやすくなり、足の指先の冷え性の原因になっている場合があります。  シムス体位は骨盤に負担をかけずに、血液循環を良くしてくれます。骨盤周辺の血行不良は、冷え性だけではなく、むくみや下半身太りの原因になります。シムス体位は、もしかしたら、多くの女性が悩む「下半身だけ痩せない」問題を解決してくれるかもしれません。 ●リラックスできる  妊婦さんであれば、お腹がどんどん大きくなっていると、今までは楽に感じていた姿勢がつらくなったり、仰向けで寝るのが息苦しくなったりしてきます。特に臨月が近づいてくると、仰向けで寝た場合、子宮が背骨の右側にある下大静脈を圧迫して低血圧の原因になる「仰臥位低血圧症候群(ぎょうがいていけつあつしょうこうぐん)」を起こしやすくなってしまいます。もし寝る時に、動悸や息苦しさなどを感じるようなら、ぜひシムス体位を試してみてください。  実際にこの体位を取ってみるとわかるのですが、体に余計な負担がかからず、とてもリラックスできます。妊娠中ではなくても、リラックスして楽な体勢をとることで疲労回復できるでしょう。

シムス体位は、こんな方にもおすすめ

●挿入中、彼にクリトリスや乳首を触って欲しい女性に  妊娠中以外にも、彼に全身を愛撫して欲しいと思っている女性なら、ぜひこのシムス体位を試してみてください。横向きで後ろから挿入することで、後ろから腕を回してもらって乳首やクリトリスを刺激してもらい、より気持ちいいセックスを楽しむことができます。シムス体位は、挿入しながら愛撫をしても非常に体勢がお互い安定するというメリットがあるのです。 ●長時間動くと疲れてしまう女性  セックスの時、挿入時間が長くなると疲れてしまうという女性にも、シムス体位でのセックスがおすすめです。前述の通り、シムス体位は体に負担がかからず非常にリラックスできる姿勢です。無理なく体に負担をかけずにセックスに集中できるので、途中で疲れてしまうという悩みをもつ女性なら、一度試してみると良いでしょう。 ●挿入時に痛みを感じる女性  挿入時に痛みを感じる原因はいろいろですが、緊張してしまったり疲れてしまうことであまり膣内が濡れていないことが原因として挙げられます。前戯の時はよかったけど、挿入時に無理な体勢を取っていたり、挿入時に緊張することで痛みを感じてしまうのです。シムス体位は、体の負担を減らしてリラックスすることで、より安心して挿入に臨めることで、痛みを解決できます。横向きになって後ろから挿入することで、角度や速度を調整しやくすなり、お互いうまくコミュニケーションをとりながらセックスをすることができます。

まとめ

 いかがでしょうか。このように、シムス体位はセックスの悩み解決にもつながります。妊娠中にセックスしたい場合も、ぜひシムス体位で試してみると良いでしょう。体に無理な負担をかけることなくセックスを楽しむことができます。もちろん、妊娠しているかどうかに関わらず自分にとって負担がないことが一番なので、セックスの時にはパートナーと相談しながら、シムス体位のみにこだわらずベストな体勢を試行錯誤してみてください。 ▼ライター:山下真理子さん プロフィール 女医、タレント。岡山県出身。医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。著書に『あなたの魅力が10倍増すセックス』『夜のお悩み相談クリニック』の他、写真集『診て感じるクリニック』がある。ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。
<コンテンツ提供/ラブリサーチ> ⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】 【ラブリサーチ】 女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。 ★対面座位がキモチいい!もっと感じられる動き方って? ★エッチしたくない…身体と向き合いラブタイムを楽しむ方法 ★騎乗位の種類いくつ知ってる?騎乗位バリエーション3種
ラブリサーチ
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。




あなたにおすすめ