♂&♀

いまさら聞けない、フェラの基本ステップ

 見様見真似でやっているフェラだけど、本当に彼は気持ちよくなってくれているのかわからなくて不安…。そんな風に思ったことはありませんか?

いまさら聞けない、フェラの基本ステップ なくてはならないエッチプレイのひとつがフェラです。男性も当然ながら気持ちよくなれることを期待しています。その快感期待値は挿入行為と変わらないかもしれません。

 フェラが上手くなるということは、彼にとって手放したくない女性になるということです。自分を気持ちよくさせてくれて、かつ支配下における。男性の持つ本能的な欲求を満たす疑似体験をさせてくれる女性を手放すはずがありません。

===============
Q. フェラチオに自信はありますか?

・すごく自信がある(40)
・まあまあ自信がある(120)
・あまり自信がない(83)
・全く自信がない(54)

回答時期:2009.09.08~2009.09.11
総回答数:298名が回答
===============

 ラブリサーチが女性を対象に『フェラチオに自信はありますか?』とアンケートを実施したところ、「すごく自信がある(13.4%)」「まあまあ自信がある(40.2%)」と、合わせて53.6%の女性が自分のテクニックに自信があるという結果になりました。皆さんの努力が伺えますね。

 この記事では、フェラに自信があるあなたには、彼から絶対に手放したくない! と思わせる女性になれるように。自信のないあなたには、自信を持ってフェラできるようになるためのフェラスキルをお渡しします。

フェラの前準備



 いきなりパクッと咥えている人、素直に手を上げて! それも間違いではありませんが、あなたの愛情を込めたフェラです。もっと勿体ぶってしまいましょう。

 フェラ前。パンツを下ろす前、さらにはズボンを下ろす前。準備はそこから始まっています。彼のアソコをサワサワして、たっぷりジラしましょう。そのうち彼の方から直接触ってくれる様におねだりしてくるはず。その頃にはもう、彼のアソコはガマン汁で濡れているはずです。

 いきなりペニスを口にするのではなく、まずはジラすことも重要なテクニック!

気持ちいいフェラのポイント



 それではいよいよ実技に入りましょう。

●亀頭にキス

 ではもう一度…いきなりパクッと咥えている人、素直に手を上げて! もちろんそれも間違いではありません。ですが、ジラされた彼の気持ちに火を付ける、更なるジラしを加えましょう。

 パクッと咥える前に、亀頭部にたっぷりとキスの雨を降らせます。フェラ前のジラしで溢れたガマン汁とあなたの唾液が相まって、彼の亀頭部はすっかりトロトロに。

●上下するときは、カリに唇がひっかかるように

 フェラで男性が特に気持ちがいいのは、裏筋と亀頭部、そしてカリ。上下にスライドさせる時、カリを唇に引っ掛ける様にしてみましょう。彼の反応もより敏感になるので、あなたもその反応を見ながらフェラを楽んでください。

●舌先で裏筋と尿道も刺激

 アイスクリームを舐める要領で、裏筋と尿道もチロチロっと舐め上げましょう。どちらも敏感な部分ですので、力を入れすぎないことをオススメします。圧迫感の強い愛撫に慣れてしまうと、彼がそればかりを求める様になったり、遅漏につながる可能性もあります。

フェラに疲れたら



 咥えっぱなしではさすがにアゴもくたびれてきます。咥える、舌を使う、手を使う。この3つをうまく組み合わせましょう。

●軽く握ってスライド

 男性がエッチで凹みやすいシチュエーションは、愛撫されているのに萎えてしまう瞬間です。気持ちの良いフェラの快感がなくなると、途端に元気が無くなってしまう人もいます。そんな時こそ、さりげなくフォローしてあげましょう。彼のアソコを軽く握って、ゆっくりスライドさせます。

●亀頭を撫でる

 スライドさせながら、空いている手で亀頭部を優しくマッサージしましょう。この時乾きやすいので、唾液で湿らせるなど工夫を凝らして。「スライドさせる&亀頭マッサージ&亀頭キス&時々咥える」のフェラカルテットを披露出来れば、飽きのこないフェラタイムが楽しめます。

まとめ



 様々な情報源でフェラのやり方が紹介されていますが、一番上手なフェラのやり方は、あなた自身がフェラを好きになって楽しむことです。フェラが好き!と言えるなら、あなたはすでにフェラ上級者さんです。「好きこそ物の上手なれ」で、まずはフェラを好きになってくださいね。

▼ライター:小室友里さん プロフィール
ラブヘルスカウンセラー。90年代を代表するAV女優として世界初のアダルトDVD作品を発売した。AV引退後は、舞台、海外作品を含む映画出演。ボーカリストとしても活動中。ライターとしてセックス関連のコラム、お悩み相談など寄稿。「セックスとはお互いを知ること」がモットー。

<コンテンツ提供/ラブリサーチ>
⇒この著者は他にこのような記事を書いています【過去記事の一覧】

【ラブリサーチ】
女性向けセクシャルヘルスケアブランド「LCラブコスメ」が運営する恋愛情報サイト。今回の記事の他、以下のような記事が掲載されています。
★フェラできない…大きいサイズの彼も感じさせる「おくちテク」4つ
★長時間のフェラは顎が痛い…疲れにくくするコツ4個
★甘噛みで感じる彼氏が見たい!パーツ別テク4選

あなたにおすすめ