Lifestyle

うそっ、79歳!?一生キレイでいる5ケ条を、パリ生活51年の弓さんに聞く

「奇跡の79歳」として話題の弓・シャローさんをご存知ですか? 長年パリに暮らし、79歳とは思えない美しさとセンスの秘訣を明かした著書『パリが教えてくれたボン・シックな毎日』は版を重ねています。 弓シャローさん 28歳でパリに渡り、デザイナー、イラストレーターとして活躍した弓さんは、65歳ですべての仕事からリタイア。現在はアクセサリー作りや絵画などを楽しみながら、フランス人の夫とパリで暮らしています。  そこで今回は、ダイジェストで弓さんの言葉「楽しくおしゃれな人生を送るためのおさらい5か条」の後編をお送りします(以下は弓さんの言葉)。

1)「ぼやけてくるから足す。目元、口元ははっきり描く」

 ある日、突然、自分の顔を見て「老けたな」と感じる瞬間がありますよね。目の下にたるみが出たり、きれいな二重だったはずの上のまぶたが、たるんで目に覆いかぶさるようになったり。  ニュートンの「万有引力の法則」を自分の顔で学習します。以来、私は目の周りと口の周りのメイクはしっかりするようにしています。
コスメポーチ

弓さんのコスメポーチ。同書には愛用コスメブランドも紹介されている

 実際に私がしていて、マダムたちにおすすめなのが「眉のアートメイク」と「二重まぶたテープ」。若い方ではしている方が多いようですが、目元の印象がぼんやりしてくる年齢にこそ必要! この2つで顔の印象が絶対変わる!  そして、年齢とともに貧層になる口元に少し濃い目の口紅をふっくら塗れば、お顔がしっかりしてきますよ。

2)「女は一歩外に出たら、いつ“生涯の男”に出逢ってもいいように」

 ソニア・リキエルにインタビューをしたときに彼女が口にした言葉です。その通りだと思います。  もう結婚しているから、子どもがいるから、年だからと装いも体形も姿勢もかまわなくなったらおしまい。いくつになってもきれいだねとか、素敵だねと異性にも、同性にも言われるチャーミングな女性でいたいと思いますよ。  いま、一番気をつけているのは姿勢。67歳の現役バレリーナの友人にいつも注意されます。 「ユミ、見えないワイヤーをおへそから頭、そして足元にたわむことなくキューンと引っ張っているイメージで…」。  気を抜くと、両肩がどんどん前に下がってきてしまうのよね。
ボン・シック

※クリックするとAmazonにジャンプします。

3)「髪の毛と爪は老いが出やすいパーツ」

 カラーリングがとれかけて白髪がのぞいている様子は「老い」を感じさせます。いっそ白髪ならそれは素敵ですが。  私の場合、もう地毛は真っ白だと思いますが、それがのぞく前に自分でカラーリングとオイルパックをして、まめにカットに通っています。  女の人はヘアが疲れているとすべてが疲れて見えるので、洋服を買うお金を1枚節約しても、早めに美容院に行くのがおすすめ。  爪や手も同様。手は他人が見ていないようで見ているところ。お茶を出す、物を手渡す、口元に手を当てる…。悪目立ちしない、ピンクベージュなどのマニキュアを塗るときれいです。  ただし、髪の毛同様、マニキュアもはげかけは見苦しいので、こまめに塗り替えたほうがよろしいかと…。
次のページ 
いつまでも元気でいる一番の秘訣は…
1
2




あなたにおすすめ