Beauty

流行はどこまで取り入れるべき?振り回されないスタイルの作り方

●連載「ファッション誌が答えてくれない相談」48 by小林直子●

Q.流行に振り回されたくありません



 流行があるのはわかっていますが、自分の好みじゃないものもあって、取り入れたくありません。流行はいつも取り入れないといけないでしょうか?

A.流行のうち「好きなものだけ」取り入れるのが正解



 ファッションとは変化なので、同じものがずっととどまっていることはありません。何が変化するかと言えば、色とシルエットです。

盛り袖

盛り袖ブームはまだ続きそう nano・universe ダブルフレアスリーブブラウス ¥8,640 画像:WEAR

 まず色についてです。色にも流行があります。

 今はやっている赤と、70年代にはやっていた赤は違います。

 例えば高円寺あたりの70年代のものを多く扱う古着屋さんへ一歩入ってみれば、あれ、なんだか駅ビルのショップと色合いが違うなと、誰でもが気づくと思います。

 あるいは、ご自分の子どものころの写真を見ると、ご両親が着ている服の色がなんだか今の色とは違いませんか?

 それこそ白と黒以外は、赤も緑も茶も、今の色調とは違うでしょう。このように色にも明らかに流行がありますし、70年代の古着を見て「何か色合いが違うな」と感じるということは、多くの人が流行の変化に気づいているのです。

ワイドパンツ

今はとにかくビッグシルエット!NOBLE タックボリュームワイドパンツ ¥19,440  画像:WEAR

 次はシルエットです。シルエットとは、自分の身体と服とのあいだの空気の量です。その空気の量が多ければビッグシルエットであり、少なければタイトシルエットです。

 タイトの次はビッグ、ビッグの次はタイトというように、順番に繰り返され、常に変動していきます。

流行を完全に無視すると、古くさく見える



 色とシルエットの組み合わせで流行の大枠が決まり、そこに付属や装飾など細部が加わることで、その年の流行ができ上がります。

 タイトシルエットがはやっている時期はスキニージーンズが一番格好良く見えたでしょうが、ビッグシルエットが流行になった今、あの股上の浅い、ストレッチのきいた細いジーンズを今さらはこうとは思わないのが通常です。

スキニー

数年前はピタピタのスキニーを履いてましたね…

 この、変化する流行を完全に無視すると、おしゃれには見えません。どうしても時代から取り残された感じに見えてしまいます。

 だからといって、流行をすべて取り入れなければいけないわけではありません。流行から取捨選択して、自分の好みのものだけを取り入れればいいでしょう。いくらロングコートがはやったからといって、嫌いなら、わざわざロングコートを着る必要はありません。

 変化するのは流行だけではありません。私たち自身もまた、変化していきます。年を取ると、体型や肌や髪の質感が変わりますから、フィットする色や素材、シルエットも以前とは違ってきます。それは当然のことです。

次のページ 
ぶれない「自分スタイル」の作り方

1
2
わたし史上最高のおしゃれになる!

◆一生ものの知識を身につければ
◆もう服選びで迷わない
「おしゃれ」はひとつの技術にすぎませんが、あなたの人生を最高のものにしてくれるパートナーでもあります。一緒に学んで「わたし史上最高」を目指しましょう。




あなたにおすすめ