Lifestyle

夫の実家への正月帰省がツラすぎる…『俺の嫁は家事をしない』悪口を吹聴

 年末年始というと、既婚者には気の重い季節かもしれません。

 パートナーと二人だけで過ごせるならラブラブだけど、相手の家に帰省するとなると気は遣わなくちゃいけないし、安らげないですよね。

おせち料理

写真はイメージです(以下同じ)

 ただでさえ気の重い義家族との交流。なのに埼玉県に住むAさんの場合は、もっと過酷だったようです。

ドケチ夫、自分は新幹線で妻は深夜バスで帰省



「夫がすごくケチな人で、自分のお金は自分の好きに使いたいって人だったんです。だから、彼の実家がある神戸まで帰るのに、彼は新幹線、私は深夜バスでした」

 えっ、自分だけ新幹線? どうして??

「自分は働いているから、新幹線で帰るのは当たり前。だけど私の分はバス代しか出さないというんです。さすがにそれには相手の両親もびっくりして、帰りの新幹線代は払うって言い出す始末でした」

ドケチ夫と帰省 だったら自分も深夜バスで帰ればいいのに……。

「彼はとても親戚づきあいや家族づきあいを大切にする人で、お正月には親戚の子どもたちにお年玉をあげるんです。それが総額5~6万円かかるんですよね。冬のボーナスはお年玉に消えてしまう感じでした。

 それでも『自分はもらってきたから払わなくちゃ』って言って、どんなに苦しくても一律5000円を用意してました。家族にはいい顔をしたい人なんです」

 お金が苦しいなら、一緒に深夜バスで帰ればいいのに(2度目)。

理不尽なことで怒る夫…義両親に妻の悪口も



「私も夫も実家が神戸なので、帰省すると私は自分の実家で寝泊まりするんです。

 深夜バスの長旅で体調を崩してしまい、高熱を出して寝込んでしまったことがありました。私が寝ていると、誰かがインターフォンを鳴らしたんですよね。誰かもわからないし熱は出ているしで、出なかったんです。

 そうしたらその後に夫が来たんですよ。病院にでも連れて行ってくれるのかなと思ったら『さっき親父が来たのに、どうして無視したんだ!?』って、延々とお説教。来るなんて聞いてないし、だいいち今、熱でフラフラなのに玄関でガミガミ言われるなんて……」

玄関 どうしてこうも自分の妻をぞんざいにするのでしょうか! もう聞いているこっちが腹が立ってきました。でも、大事にしないのは自分自身に対してもだったようで。

「夫は、私がどんなに言ってもボロボロの服を着たまま、新しいものを買おうともしないんです。そのまま帰省するので、ご両親が心配して、ユニクロで服を買ってあげたりしていました。

 その上『俺の嫁は家事をぜんぜんしない』なんて悪口を言うので、私がめちゃくちゃ悪者扱いなんです。『服も買ってあげない、飯も作らない嫁なんて最低だ!』って」

次のページ 
暴君のくせに外でも赤ちゃん言葉で甘える夫の性癖

1
2




あなたにおすすめ